無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

166
2021/02/07

第3話

2話
_4月上旬稲荷崎高校入学式当日_




















_あなたの家にて











あなた『よし!今日から稲高の生徒になるんだ!しっかりしなきゃね!』















みお「あなた〜!準備できとるか?」




あなた『あ、澪お兄ちゃんみおおにいちゃん!okだよ!』







澪「そか!良かった!なつ〜!あなた準備できたに!はよ降りてき!」







なつ「ん!分かっとるー!でもお前今日部活やろ?あなたは俺が送ってくけん、澪は先行っとき!」







澪「おん!分かったで!あなた!入学式頑張れよ!俺ら3年の席で見とくからな!」









あなた『はーい!じゃあ澪兄みおにい行ってら〜!』












捺「行ってら〜」









澪「行ってきます(笑)」
















__________私の兄は双子。
元々兵庫でおばあちゃんと共に暮らしてたが、昨年、おばあちゃんは歳で亡くなった。


それからは2人で暮らしているが、私は家の事情(母親との事情)があり、兄の居る兵庫へ来たという訳だ。