無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

🦕
you
you
ひやっ…キモチいぃ…///



俺は下からあなたを突き上げ続ける




それはだんだん激しくなっていき
てひょん
てひょん
あぁ…俺…イクっ…!
you
you
私っ、も…!


俺達は同時に果てた



まだ俺のアソコからは愛液が出続けている








てひょん
てひょん
うっ…とまらなっ…ぁ、、、
you
you
ひ…んっ…////



あなたのナカに出し切った俺の愛液は



わずかにあなたから出ていた





それがまたいやらしく




思わずまたあなたの腕を抑えて押し倒す
you
you
んっ


俺はあなたに深くキスをする




小刻みに、多く。


舌を入れる。


あなたの口のナカを舌で掻き回す
you
you
んっ…おかしくなりそっ…////
てひょん
てひょん
いいよ…そのまま俺に溺れて?


あなたは俺の肩に手を回す



激しくキスをする



俺はキスをしながらあなたの胸を揉む。




ブラジャーをずらし、胸の先の突起を舐める
you
you
はぁ…んっ…あ////


最初につけた痕とは別に、胸に噛み付いて歯型を付ける
you
you
は、あ、、、///



あなたは色々あったせいか、疲れた顔をしている。
てひょん
てひょん
もうやめよっか…
you
you
なんで…?
てひょん
てひょん
疲れてるよね。あなたの事は今までより大切にしたいから
you
you
あ、ありがとう…