無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🦕
┈┈┈┈グクside┈┈┈┈┈┈


今日も僕のヌナは可愛かったなぁ……



本当だいすき。



最初はカトクで話すようになって、だんだんお茶とか行くようになって……



それで今の仲の良さに至る✧٩( 'ᴗ' )و
you
you
グクく〜ん!
と呼ばれる記憶が蘇る


僕にとってヌナはお姉さんじゃなく





特別な恋愛感情で、彼女が好きなんだ


恋人にしちゃいたいくらいに、ね( * ॑꒳ ॑*)っ⌒♡。.
グク
グク
( でもテヒョン先輩がいるんだよなぁ〜… )

生憎、ヌナにはキムテヒョンという変態イケメンで有名な相手がいる。






諦めようとした。





諦めようとしたんだけどね、、、







グク
グク
僕はやっぱりヌナが好きだよ・・・




相手がいるにも関わらず、僕はこんなにもヌナが好きなんだ




そう自覚してからは、僕には【 諦めない 】という気持ちが芽生えた



こんな言い方は良くないだろうけど。













僕はテヒョン先輩からヌナを奪いたいんだ。















僕をこんな気持ちにさせるなんて、流石ヌナだな……