無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

🦕
夜7時


僕は友達と一旦わかれ、あなたに会うため待ち合わせ場所へ向かった




予定の30分前だからまだ居ない…と思ったら



あなたの姿があった。



僕は走ってあなたに飛びつく
てひょん
てひょん
あなた!!!あなたっ!
you
you
テヒョン…!


あなたは髪がロングに伸びていた。


それもそれで可愛かった。
 

しばらく2人で抱き合っていると
you
you
身長伸びたねテヒョン〜
てひょん
てひょん
あなたは髪が伸びたね!可愛い〜


あなたは照れていた様だ



僕はあなたを連れ出し、展望台で夜景を見せる



you
you
綺麗だね!
てひょん
てひょん
……
you
you
テヒョン…?
てひょん
てひょん
僕ね、BigHit事務所にスカウトされたんだ
you
you
おぉ!

頑張れよ〜とはにかみ笑顔で言うあなた
てひょん
てひょん
デビューしてみせるから
you
you
絶対売れっ子だよ!
てひょん
てひょん
そうかなぁㅋㅋ


と僕はカメラをあなたに向ける



僕はシャッターを押す
you
you
ふふㅋㅋㅋ



この可愛いあなたをカメラに収めておきたくて……ね。