無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

🦕
僕は予定通り、次のLIVEで婚約を発表した。



悲しみのあまり引退しちゃったarmyもいたけど




僕は、それでも僕を愛してくれるarmyを愛すると決めた。





そして婚約したからには




あなたを一生大切にすると決めた



メンバーからは盛大な祝福を受けて、本当に幸せな気分だった。





その日、あなたは僕らの宿舎に来ていた
グク
グク
あれっ!?あなた先輩!?
you
you
え?!
you
you
グギ!!?
グク
グク
見事にゴールインしましたね!おめでとうございます
グク
グク
前はあんなことしてすみませんでした
you
you
いいの!気にしないで〜


私はグクの頭をわしゃわしゃとした




途中でテヒョンに腕を引かれ、グクとばいばいした┌(┌^o^)┐





気がつけば部屋に二人きりでいた。



どうやらここはテヒョンの部屋らしい
てひょん
てひょん
子供…作りませんか…////


とテヒョンは恥ずかしそうにわたしに言った


you
you
…しましょうか////



と言うとテヒョンは私を押し倒した