無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

🦕
you
you
…最悪
てひょん
てひょん
……ごめん。僕、彼氏失格だよね。
you
you
ほんとだよ。



僕の胸になにかが刺さった。


俺が恐れていたもの、「別れる」というのが近くなっているのかもしれない



you
you
他の女に取られちゃったなぁ…
てひょん
てひょん
あなた。ちょっとだけ距離置こうか。
てひょん
てひょん
頭冷やす時間、っていうかお互いを落ち着かせる為だと言うか……
you
you
っ…わかった。
そう言ってすぐにあなたは部屋から出ていってしまった





┈┈┈┈あなたside┈┈┈┈┈┈

あぁ。もう無理だ。



「 距離置こうか 」なんて言われちゃった……

もうあれフラれたってことだよね。

拒否られてるようなもんだよね…


胸がズキズキ痛む
グク
グク
おはようございますヌナ!……どうしたんですか?!

廊下をうろちょろしているとグギに出会った。

you
you
…テヒョンと話してきたの
グク
グク
泣かされたんですか?
you
you
そうじゃなくてね、「 距離置こう 」って言われちゃった…
グク
グク
は?あの先輩なんなんほんとぶっこrrrrr
you
you
はいストップだめだよグギ
グギはちゃんと話を親身に聞いてくれた。
私が泣いてしまった時は慰めてくれた。




本当に良い後輩を持ったもんだ…


┈┈┈┈グクside┈┈┈┈┈┈


テヒョンさん…許さない



僕のヌナにこんな想いさせるなんて。



いい加減別れなよ。




そんなにヌナを乱暴するなら僕にくださいよ。












僕だったらテヒョンさんより幸せにできますから。








グク
グク
ヌナ。
you
you
…?


僕はヌナを力強く、全身で包み込むように抱きしめる。


グク
グク
いい加減、僕を見てくれませんか。