無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🦕
┈┈┈┈テヒョンside┈┈┈┈┈┈
休み時間。俺はあなたをついて行く


あなたがロッカーを開ける。
すると紙が1枚落ちてきた
てひょん
てひょん
なにこれ〜?
すかさず拾う
you
you
なんて書いてあるの?
てひょん
てひょん
ラブレターだよ、あなたへの
てひょん
てひょん
あなたに一目惚れしました
私はあなたに恋しています
こんな気持ちは初めてです
諦められなかった
僕を許してください
てひょん
てひょん
だってさ
you
you
だ、誰から……?
てひょん
てひょん
書いてないね…
まじか…………


ラブレターなんてあなたはいつぶりだろうな( .. )


まぁ、、、ね。



てひょん
てひょん
ま。僕は大体誰か予想ついたよ?
you
you
え?だれだれ?
てひょん
てひょん
それは秘密




僕はグクだと思うよ



なんて流石に言えない





せっかくの2人の仲を壊したくはない
you
you
まぁいいや〜
てひょん
てひょん
ねぇ、僕あなたの彼氏だよね、?
you
you
……それはしらん
てひょん
てひょん
うそだろ


もしグクがあなたに本気で。面と向かって告白してきたら。







俺は用済みなのだろうか




実際、あなたとグクの方がラブラブしてて恋人感あるし
てひょん
てひょん
心配だな…
you
you
へ?
てひょん
てひょん
なんもない



俺は彼氏として焦りを感じていた