無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

SUGA×👧
ある雨の日…☔







👧「ゆんちゃ…」

👴「なに」

👧「…か、雷、怖い、よぉ…😨
1人で寝れないよ…😭」





すごく雷が苦手なあなたちゃん。
塩なユンギに助けを求めるのですが…

👴「…そ。」

と相手にしてくれません😭

👧「な、なんでそんなに冷たいの!?
もう、いいもん!!」


バンッ!!🚪💨


先に寝室に行って、布団にくるまって
拗ねましたね。












1時間後(イチジカンゴ)







キーッ…🚪






👴「あなた…?」

👧「…」

👴「寝てんの?」

👧「…」

👴「普通に無s…」



⚡ドォォォン!!⚡️

👧「きゃっ!いや!」

バサッ

布団を投げ捨てベッドに座ったユンギに抱きつきました…((はい、かわいい





👴「起きてたんだ…」

👧「ッ、グスッ…」

👴「…」


ぎゅっ


👧「ふぇ…?」

👴「ごめんな、怖かったよな…
嫌な思いさせてごめんな…」

👧「ゆんちゃ……///」




チュッ_



👧「ん!?」

👴「ダメだ…なぁ、今からシよ?」

👧「…ん///」











____🔞はいるよ…苦手な人🔙____






ユンギはあなたちゃんの服を脱がして
下着だけの状態にした

👧「はっ、恥ずかしいよ///」





ドSユンギ発動





👴「もっと恥ずかしがれよ((ニヤッ」

👧「ッん、んあっ、あんっ、やっ、だ///」

👴「ここ、いじられるの好き?」

👧「好きなんかじゃ、な、っあ!///」

👴「めっちゃビクビクしてる…
かわい((ボソッ…」

👧「ゆんちゃッ…///はや、く、っ!」

👴「なにが?」

👧「い、じわ、る…///」

👴「何して欲しいの?」

👧「ゆんちゃ、の、ほしっい///」

👴「よく言えましたッ…ん!」




ズプッ



👧「ッんぁぁ!いっ、あっ、やっ、あんっ///」

👴「中…ッ、うねってて、すげぇっ、きもちっ///」

👧「あっん…ゆんちゃの、おっきく、なった♡」

👴「煽んな、ばかっ、はぁ、ッ///」

👧「ゆんちゃ、ッも、だめっ、んん!」

👴「おれ、もっ、んっ、中出すっ、ぞ?」

👧「きっ、きてぇ///…ん、んぁ、あぁん///」

👴「っ、…はぁはぁ」

👧「ゆんちゃ…///」

👴「…ッはぁ、クソほど可愛かった///」













なんとも言えない甘い夜だったんだとか?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

イチゴ バナナ💬
イチゴ バナナ💬
セブチの小説出そっかな…… ね、どー思う?
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る