第49話

もっと…ちゃんと。
〈皐月のお母さんside〉






そんなとき、晴臣さんは家を出ていった。
別に  この環境が耐えれなくなったわけじゃない。








それどころか晴臣さんは向き合えていた。
この環境を…この状況を。







でも私が耐えられなかったの。




それで晴臣さんは言ったの。


香織皐月のお母さんが向き合えるようになったら帰ってくる…と。










でも、私はすごく怖かった。



このまま晴臣さんと別れちゃうかもしれないことが
あの子たちは私の子供なのに人間にすら見えないことが…。








それで毎日毎日、ブレスレットを付けているか確認した。





一日に何回も何回も…





不安で仕方なかったから。







でも本当は、もっとちゃんと愛してあげたかった。