第45話

消えた皐月くん
あの後…
私と文くんと皐月くんのお母さんで探したが






皐月くんは見つからなかった。











皐月の母
どうしよう…あ…あぁ
皐月の母
あんな姿で…










そんなことを言って皐月くんのお母さんは
手で顔を覆う。






その言葉が何故か心に刺さる。







顔を逸らして文くんを見ると
文くんは傷ついた顔をしていた。














見たからかな…なんでか分かんないけど








私はすごいムカついて…









仕事の雇い主の頬を私は叩いたんだ。