第14話

秘密と呪い
家に着いて、如月くんと師走さんと美鶴くんもリビングに集まった。





そして、霜月くんが今までの流れを説明した。








師走 和佐
あっちゃー、バレちゃった?



師走さんは そういうと真面目な顔をして話し始めた。





昔、和風月名って呼ばれていた時から


その月の力と動物に変身する呪いが受け継がれたらしい。







受けづかれる人はばらばらで。

親戚というわけでもない。









だから探すのが昔から大変だったらしい。




その人が死ぬと違う人がその次の日に生まれた誰かに受け継がれる。














そして動物に変身してしまう理由はいくつかあって





弱っている時や弱点、感情激しい上下の変化など色々あるらしい。





そして、そういう時に異性に密着されると必ずなるらしい。(抱きしめられると)





師走 和佐
そして、僕は狼。
霜月くんは兎。
如月くんは犬。
秋葉
…ぇ!見てみたいですっ
師走 和佐
うん、いいよ
師走 和佐
けどね、君と美鶴くんの記憶を消してしまうかも





…ぇ?




師走 和佐
僕たちには会社で言う、上司みたいなのが
いるんだ。
師走 和佐
その人に報告して、
その人が言った通りにしないとけない。




…そっか。呪いとか秘密とか言うくらい重要なこと。





普通の人は知っては行けないこと…なら







秋葉
それなら…仕方ないですね!
霜月 美里
いいの…?!
美鶴
うん、そのくらい大切…なんでしょ?





私が言おうとした言葉を美鶴くんが言ってくれた。




秋葉
そのかわり!2つお願いがありますっ
秋葉
1つ!記憶消えても仲良くして欲しいです





消えても、いい。






皆さんといるのが少ししか経ってないけど

すごく楽しかった。








もっと、いたいっておもっちゃったんだ。




如月 理央
美鶴
僕も同じだよ?
学高とか違うけど、楽しかったから仲良くしてたい




美鶴くんがそう言って、2人で顔を合わせて笑顔になった。













そして、私は咳ばらいを1つしてから言った。





秋葉
2つ目!




そう言って、如月くんと師走さんに抱きついた。




秋葉
やっぱり、皆さんの動物姿見たいです!w
如月 理央
う、ぁ?!
師走 和佐
おっと…



ぼぼんっと煙と一緒に音がした。



そして、気づいたら私は犬と狼を抱きしめていた。




如月 理央
ちょ、近いんだんだけど!
師走 和佐
やー、女子高校生に抱きつかれちゃった





如月くんって照れ屋さんなんだぁ。





まぁ…可愛いし、ふわふわしてるかもう少し抱きしめちゃお。



むぎゅーっ



如月 理央
ちょ、やめろって…!




ダーンッ!




横から凄い音が聞こえて見てみると

ちょうど狼(師走さん)を蹴る兎(霜月くん)の姿が…。









霜月 美里
この変態オヤジ…




うわぁ…兎の蹴りって見た目可愛いけど痛そう。









美鶴
狼って初めて見る…!




美鶴くんと私の関わった記憶は消されてしまうかもしれないけど。



記憶が消えるのは嫌だけど。怖いけど。
















こんなに、楽しく過ごせて後悔はしないよ。


少しの間だけど、一緒に入れて良かったって思ってる。