第51話

人の価値
〈皐月のお母さんside〉




秋葉さんは私に手を差し伸べた。







でも、私はあの子皐月を傷つけたのに
それに、文月くんも









2人とも全然見ようとしなかった。






それなのに私はどうすればいいの?





そう思って秋葉さんを見上げると
口から白い歯を覗かせてニッと笑った。


秋葉
可愛い可愛い私の子供…なんでしょ?
秋葉
和風月名って言ってもさ
貴方の子供に変わりはないでしょ?
秋葉
動物に変わったりしても皐月くんは皐月くん。
文くんは文くん。
そこが変わらないってのが
1番大切で1番見るところなんだよ。





姿が変わっても皐月は皐月…文月くんは文月くん。


あぁ…なんて当たり前のことを私は忘れてたんだろう。
いくら姿が変わるからって私の子供に変わりないのに…。



秋葉
まぁ…この世界がおかしいんだよね
秋葉
口が開きにくくなっただけでも障がい
にされる この世界。
秋葉
赤ちゃんが生まれた時に指が1本多くて
母親に指いつ切りますか?って聞く世界。





『それだけで他の人と差別される』




そう言って秋葉さんは目を細める。
目には薄らと涙が溜まっていた。





それでも涙を零さないようにしてる。

『いきなり、いつ 切りますか・・・・・・とか凄いよね』
…と力なく笑う秋葉さん。










私だったら『いつ』なんて言葉に注目せずに、
5本指にすることしか考えないのに
秋葉
他の人と違ったって
それだけで、その人の価値なんて測れない






『そうでしょ?』




と、秋葉さんは私に優しく微笑みかけた。
この時、私は本当に弱かった自分。






そして、見ようとしなかった・・・・・・・・・自分と向き合った。
























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




むぎ(作者)
むぎ(作者)
1本指が多いってのは
中学の時の体育の先生情報ですね
むぎ(作者)
むぎ(作者)
まさかの作者としての一言目がこれって
少し悲しいですね…
むぎ(作者)
むぎ(作者)
今更ですが、
むぎって言います!

よろしくお願いします
むぎ(作者)
むぎ(作者)
私、体育の先生の話で5本指にするのが
普通って実は思ってたりしたんですよね。






「5本指にするには赤ちゃんの内がいい。
Byお医者さん」


他の人と同じように、将来悲しくならないようにって話を聞いた時思ったんです。


でも、先生の意見を聞いて『切る前提』って言うのを先生が今で気づきませんでした。






私は他の人と揃えるのが良いことって思っていたのですが、それだけが全てって訳でもないんですね



ですが結局、先生の子供はお医者さんに切らないといけないと言われ続け5本指にするそうです。






↑謎の1人会話してすみませんっ💦
読まなくて大丈夫なやつですね…。゜(´∩ω∩`)゜。

私なんかが変な事書いてすみません⤵︎ ︎



読んでくれた方
読んでくれてありがとうございます(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°