無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

水をかける
You×🐤







バシャ





🐤「……っ!」

あなた「最っ低!…ジミナはきっとそんな事しないって油断してた…」





まさかこんな事になるなんて…思わず涙目になる
だって、だって_


















あなた「氷水の水鉄砲うしろからくらわすなんて!」

🐤「背後狙っちゃだめなんてルールないでしょ?笑」




ただいま彼氏のジミナと恒例行事の水遊びをしています

毎年これで2人で夏を締めくくる事にしています











🐤「てか去年背中に氷入れてきたこと忘れてないから」

あなた「ねちっこいな!」←




去年、面白半分でジミナの背中に氷投げ込んだんだっけ…
その後、よっぽど冷たかったのかビクッてしてしばらく動かなくなって…最終的には拗ねちゃったんだよね…








🐤「今年はしっかりお返しさせてもらうから」

あなた「冷たすぎだよっっ」

















でもこれから先もジミナと一緒にしたいな_


















NEXT_




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る