無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

子供扱い
You×🐰










あなた「だーいすきなお姉様が来てやったぞ〜♡」←


とか冗談交じりにグクの頭をわしゃわしゃする


🐇「うわっやめろ!」




こいつ…グクとは家が隣り同士でよく遊んだり面倒見てたりしていた

私にとっては弟みたいな感じ
















あなた「相変わらず小っこいね〜」

🐇「うるせーよ!」

「ほら、まだ全然抱っこも出来るし♡」

🐇「おろせ!」






こういうグクの反応がいちいち可愛くてちょっかい出したくなる

そんな私はブラコンかもしれないな_
















🐇「俺もう5年生だぞ?!子供扱いすんなよ!」

あなた「自分より30センチも小さい子に大人扱いはね…」



小学生のグクは141センチで高校生の私は169センチだ



🐇「あなた、お前な…絶対後悔させてやる」



あーあ、あんなに闘争心メラメラ燃やしちゃって…まだ何かブツブツ言ってるし



















🐇「…まぁせっかくだ。お茶くらいは出してやるよ」


お、生意気だな

そういうお年頃なのかな?←





🐇「確かこの棚にお菓子が…」


そう言いながらグクは棚に手を伸ばすけど…





















届いてないっ。届いてないよ!

プルプルしてんじゃん!










あなた「ブッ!もう笑わせないでよ〜!ほら、抱っこしてあげる」




ホント笑いすぎてお腹痛い

グクはちっこくて可愛いな_













あなた「どこの棚?早くとりn…」


🐇「ニヤッ……ちゅっ」




は、え…?今ほっぺに…



















🐇「ばーーか。お菓子なんてねーよ。どうだ後悔したか!」

あなた「……このエロガキ…//」


























男の子の成長の早さを感じた1日だった_




















NEXT_


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る