無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

勝負どころ
You×🐯






















ただいまテヒョンと家で遊んでいます




🐯「はぁ〜〜っ」


長いため息をつくテヒョン。珍しいな


















🐯「僕、今勝負どころなんだよね」

あなた「勝負どころ?」







もしかして仕事で何かあったのかな…

最近忙しいって言ってたし…
















あなた「珍しいね、勝負どころなんて」

🐯「でしょ?もう男として負けられないの」





「ふ〜ん」って言いながら私はテレビをつけた。ちょうどお昼のワイドショーが始まったところだった


これ好きなんだよね。思わずテレビに見入ってしまう



























🐯「んんん〜…」



今日のテヒョンやっぱりおかしい…











あなた「ねぇ、テヒョン…」


🐯「んー?」


あなた「その勝負どころ…に勝ったら何かあるの?」


🐯「ちょっと幸せになれるよ!」



あなた「ふふっ…何そr…」












テヒョンが言ったことが少し可笑しくて後ろを振り返った























そしたら_






















ヒヒッ

🐯「やっとこっち向いた。テレビに勝った…!」


そう言って私にピースしながら笑いかけた

ホントに嬉しそうな顔で_

























あなた「………今日のテヒョンやっぱりおかしい…」


🐯「あれ?でもあなた、そんな事言いながら耳まで真っ赤だよ…?笑」


あなた「言わないで!!」




























勝負どころに見事に勝ったテヒョンでした_



























NEXT_


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る