無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

距離を置く
You×🐯










恋人関係とは、我慢の連続だ

貴方は気づけているだろうか



あなた「…ねぇ」



恋人の我慢に_

















あなた「私たち、少し距離を置きましょう…」


🐯「なっ…何で?!」



あなたは僕の話も聞かず立ち上がった







🐯「まっ…待ってよ!!」





パシッ

彼女を止めようと手を掴もうとしたらはたかれてしまった。こんな事今までなかったのに…






















あなた「…ごめんなさい。もう…」

🐯「…そっか。なるほど…今分かったよ」


あなたに手をはたかれた時確信したよ、やっぱり君は…



🐯「僕、どうして気づかなかったんだろ…この…」











































🐯「静電気に」

あなた「うう…」

🐯「めっちゃビリってきた!」





あなたは静電気が起こりやすい体質なんだって











あなた「私、さっきから触れ合うと痛くて…」

🐯「まぁ、今日はどっちもセーターだしね」

あなた「もういっそ冬が終わるまで近づかないでおきましょう」

🐯「えっ」





それじゃこの冬、僕がもたないよ!←










🐯「僕もう綿100%しか着ないから!!それだけは…」

あなた「必死か( ˙-˙ )」





























でもそれくらい僕はあなたとずっと一緒にいたいんだよ_



















NEXT_



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る