無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

箱の中身は
You×🐰






初めて彼氏のチョン君の家にあがった





あなた「お邪魔しま〜す」

🐇「適当に座って」


















私たちはお互い初めての恋人で、特に彼は勉強ばかりな性格だから恋愛には興味ないのかと思っていたけど…



1か月前に私の方から

あなた「好きです。私と付き合って下さい…!」

って告白したら

🐇「いいよ」

ってOKしてくれた





まさかOKしてくれると思ってなかったからまだ少し実感はないけど…





























あなた「…ん?何この箱?」

それは不自然に部屋の隅に置かれていた箱だった


🐇「それは…!」

あなた「何が入っt…」









バッ

さっきまで私の手の中にあったのに、あっという間にチョン君に取り上げられてしまった


🐇「さ……参考書が入ってるだけだから…」



いや、その反応…

絶ッッッ対違うでしょ( ˙-˙ )


















でもそんな反応されたらさすがに…

あなた「チョン君、その参考書私も見たいな〜」

🐇「…だめ、絶対だめ」←





バッ

あなた「へへッ!いただき!」

🐇「なっ…!」





この箱の中身気になるじゃんか!












あなた「いざ、オープン!」


🐇「あ…ちょ…やめ…!」
































ん?あれ…?

📕<デートスポット♡100選>

📕<彼女が喜ぶ100の言葉>

📕<初めて彼女が出来たら>


















……( ˙-˙ )







あなた「た…確かに参考書だね…(恋の)」

🐇「……」






こんな本持ってるなんて…

チョン君可愛すぎ((















あなた「恋愛にはこういうのいらないんじゃないかな〜」

🐇「う…うるさいな…!//」

あなた「やっぱ恋愛は実践で学んでいくもんでしょ!」

🐇「じっ…実践…?!//」





























これから2人で頑張っていこうね_



















NEXT_


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る