無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

甘え下手
You×🐯









私は極度の甘え下手だ

正直、彼氏にどう甘えていいか分からない










あなた「テヒョン…」

🐯「ん?どうしたの?」

あなた「…いつもありがとう…」

🐯「こちらこそ?」



頭にはてなが飛びながらも『え〜、僕何かしたっけ?』って嬉しそうにするテヒョン




…ってそうじゃなくて!!


調べたサイトには日頃思っている事を口にすると良いって書いてあったのに、何か違う気が…

気を取り直して次はこれよ…!









必殺『上目づかい』…!!



あなた「( ˙-˙ )」

🐯「( 💧 ˙-˙)」フイッ



なぜ目を逸らす…?!

※あなたちゃん上目づかいなんてした事なくて目をカッて見開いてる状態なんです((

















🐯「え〜っと…何?僕なんかしちゃった?」


テヒョンを正座させてしまった…
これもだめなの…?!←




あなた「…いや、何でもない」

🐯「そっか」


だめだ、全然思ってたのと違う…

次はもう最終奥義…私に出来るかな_






















最終奥義『自然に寄り添う』…!!




あなた「な、なんか肌寒いかもー(棒)」

🐯「え、そう?エアコン消す?」

あなた「…あ〜、気のせいだったわ…」


だめだこりゃ😇
あーあ、テヒョンに甘えるなんて出来ないのかも…














🐯「えーっとリモコンどこだっけ…」

あなた「あ、テヒョン大丈夫だかr…」




ふとテヒョンを見ると耳まで真っ赤にしていた

え…もしかして成功…?











あなた「…なんか赤くない?」

🐯「…あ、赤くないし…」

















彼氏の方は甘えられ下手でした_



















NEXT_


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る