無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18
矢野晴人
矢野晴人
返って来ない
たつや
たつや
どうしたんだろうね〜
LINEして1時間以上は経ってるじゃん!
矢野晴人
矢野晴人
おかしいな…
もう、家に帰って寝てんのかな…。



真琴はいつも連絡をマメに返してくれる方だから





すごい心配。





たつや
たつや
…男と一緒だったりして。笑







…は?






縁起でもない事をサラッと言い出した。







イタズラのような笑みでそう言うから






なんか腹立つ。








矢野晴人
矢野晴人
…そ、それはない!
真琴は俺の事めちゃくちゃ好きだから
たつや
たつや
へぇ〜笑
「真琴ちゃん」って言うんだぁ〜笑
矢野晴人
矢野晴人
…あ…





ヤバ…つい名前言っちゃった…。





たつや
たつや
強がってる姿も可愛い〜😍
矢野晴人
矢野晴人
うるさっ…もう帰るよ?!笑





真琴とは、もう散々「愛情確認」(?)もしてるし!





愛されてる…!よね…?





たつや
たつや
ごめんなさい笑
…けど、本当に心配だね
矢野晴人
矢野晴人
…一回家帰ってみようかな。
たつや
たつや
そうした方がいいかもね





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









本当は、コンビニで買いたいものなんて






ない。






ただ少しだけ…






晴人さんの事を想いながら歩きたかった。






コンビニからマンションまでは







ほんの2、3分くらいだけど






晴人への気持ちを噛み締めるように







ゆっくりと歩く。







マンションのエレベーターに着いて







飛び乗り、晴人さんと一緒に暮らす部屋へ急いだ。






バッグからキーリングを取り出して







鍵を開けて勢いよく玄関のドアを開けると









まさにこれから家を出ようと








靴を履きかけた晴人さんがいた。





矢野晴人
矢野晴人
…あ
神野真琴
神野真琴
…ただいま…どこかに行くの?




わたしは咄嗟に晴人さんに声をかけた。






靴を履こうとしているくらいだから







出掛けようとしているのは確かなんだろうけど。




矢野晴人
矢野晴人
いや、ちょっとコンビニに…



そう返事する晴人さんの目は泳いでるし





少し様子がおかしい。





神野真琴
神野真琴
…コンビニ?それならわたし買ってこようか?




わたしは晴人さんに






「何買ってくる?」と聞くと






彼は短いため息をついた。




矢野晴人
矢野晴人
…真琴さ…
神野真琴
神野真琴
んっ?
矢野晴人
矢野晴人
今までどこにいた訳?
神野真琴
神野真琴
えっ?
矢野晴人
矢野晴人
…電話しても出ないし
LINEしても返事ないし
神野真琴
神野真琴
…あ!



忘れてた…!





車に乗ってた時にメッセージを途中まで打って






返信してなかった!




神野真琴
神野真琴
ご、ごめんなさい!



わたしはすぐに謝ったけど





晴人さんは呆れた顔でわたしを見ていた。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





〜作者から〜




なんか、ずっとこの作品しかこうしんしてないですね…






わたし個人的にこの2人が特に好きで






どうしてもこの作品ばかりになってしまいます。笑





すいません。笑






これからも暖かい目で見ていただければ嬉しいです😂