無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17




飲み会もお開きになり、家に帰る人と






二次会へ行く人と別々になった。







ちなみに先輩とわたしは帰る事になった。












浜崎優
浜崎優
どうやって帰ろうか。
神野真琴
神野真琴
そうですね〜、あ!タクシー呼びます??





なんて、先輩と話していると






プップー







車のクラクション音が。




八神俊介
八神俊介
あれ、優じゃん!




車の窓を開けて、先輩の名前を呼んだ男性。






…誰?





浜崎優
浜崎優
俊介?
八神俊介
八神俊介
こんな時間に女の子2人でいたら危ないよ?笑
浜崎優
浜崎優
あんた以上に危ない奴はいないから笑
八神俊介
八神俊介
おい、その言い方誤解されんだろ!笑
浜崎優
浜崎優
誤解じゃないし〜。事実だし〜笑



なんか、2人で仲良く喋ってるけど…





もしかして、彼氏さんとか??





八神俊介
八神俊介
とにかく2人共乗りなよ!笑
家まで送るから
浜崎優
浜崎優
うーん、まぁタダで帰れるしね笑
真琴!そうしよっ?
八神俊介
八神俊介
おい!笑
まぁそうやけど。笑




なんか、すごい展開になってきた…







わたしは、先輩と一緒に後ろの席に座った。








わたしは、こっそりとスマホを確認すると






晴人さんからの不在着信が2件。






LINEのメッセージが1件。






うわ…







LINEが来てからもう1時間以上は経ってる…。






スマホのディスプレイに表示された







晴人さんからのメッセージに






焦って返信を打ち込むけど…






『連絡遅くなってごめんなさい』の後







なんて説明したらいいのか迷った。






今日は遅くなるって言ってたのに…







もう帰って来たのかな…。





八神俊介
八神俊介
君、真琴ちゃんっだけ?笑



不意に運転しながらわたしに話しかけてきたから





わたしはスマホを急いでバッグにしまった。






神野真琴
神野真琴
は、はい!
八神俊介
八神俊介
いつも、優から聞いてる笑
神野真琴
神野真琴
いつも先輩にはお世話になっております!
えっと…
浜崎優
浜崎優
一応、幼馴染の「八神俊介」
八神俊介
八神俊介
一応ってなんだよ!笑



この2人、ほんとに仲良しだなぁ〜。笑





わたしは、ほのぼのした感じで2人の会話を聞いていると





八神俊介
八神俊介
真琴ちゃん
優とウェディングのモデルやるんだって?笑
神野真琴
神野真琴
あ、はい!
先輩と引き受けました。
浜崎優
浜崎優
こんな可愛い後輩とできるなんて
本望しかないわ😊
八神俊介
八神俊介
ドレスとか着るの??
神野真琴
神野真琴
え、まぁ…なんかそうみたいですね…苦笑
八神俊介
八神俊介
へぇ~!笑
でも「結婚前に女の子がドレス着たら
婚期逃す」ってよく言わない?笑



八神さんは、が無邪気な笑顔で意地悪な事を言った。





浜崎優
浜崎優
大丈夫大丈夫!真琴には彼氏いるから!
神野真琴
神野真琴
え、ちょっ…先輩?笑
八神俊介
八神俊介
えっ!彼氏?誰々?笑




興味津々に聞いてくる八神さん。





わたしが困っていると





先輩が助け船を出してくれた。


浜崎優
浜崎優
まぁ、すごくいい人なんじゃないかなぁ
……あんたとは違って。笑
八神俊介
八神俊介
おーい!笑





その後は危なげなく、他愛のない話題が続いた。





目の前の2人は本当に仲が良くて







漫才を見てるような感覚になっていた。