無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22



…遅い!





え、ちょっと、遅くないっ?笑






お茶とお菓子どんだけあんの?笑






って、思うくらい。







真琴…もしかして何か言われてる…?






俺は、心配になって様子を見に行こうと






立ち上がろうとすると






ガチャ












たつや
たつや
おまたせ〜笑
矢野晴人
矢野晴人
ちょっと!遅いよ!笑




お茶が入ったコップを乗せたお盆と





お菓子が入ったお皿を






乗せたお盆を運んで2人が帰ってきた。





たつや
たつや
おまたせなのだぁ〜!
矢野晴人
矢野晴人
結構待ちましたけど?笑
たつや
たつや
あら、そんなに待った?笑
矢野晴人
矢野晴人
うん。あたし随分待ったよっ?笑
神野真琴
神野真琴
…え?笑




…あ…。





……いつものノリで





「あたし」って言っちゃった。











たつや
たつや
そう!この人ね?たつやと喋ると
一人称が「あたし」に変わるの!😄





こら笑






面白がって真琴に言うんじゃねー!










神野真琴
神野真琴
なんだか…
新たな晴人さんを発見できて嬉しいです!😊



笑顔で俺とたつやを交互に見ながらそう言った。






…発見って……苦笑





矢野晴人
矢野晴人
もー…そんな発見しなくていいよ。笑









…けど、まぁ真琴に引かれてはなさそうだけど







なんか、気が気じゃない。