無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23



カチャン





ガチャ





晴人さんは鍵を開けてドアを開けると






わたしが先に入れるようにドアを抑えてくれた。




神野真琴
神野真琴
あ…ありがとう




わたしが玄関に入った瞬間





ドアの閉まる音がしたのと同時に






ギュッ








晴人さんは無言でわたしを後ろから抱きしめた。




矢野晴人
矢野晴人
…めっちゃ心配した




わたしの耳に






晴人さんのくちびるが当たるんじゃないかと







思うくらい、耳元で喋る晴人さん。




神野真琴
神野真琴
…うん、ごめんなさい
矢野晴人
矢野晴人
真琴から返事がないって、あんまりないから
神野真琴
神野真琴
…うん。今後気をつけます…



分かってる





晴人さんが怒るのは、わたしの事を本気で心配したから。







晴人さんはわたしを抱きしめていた腕を緩めて







わたしの右手をもった。




矢野晴人
矢野晴人
…ほんと、手小さいね。
神野真琴
神野真琴
な、!晴人さんが大きいんだよ!





反論しながら、わたしが振り返った隙に





チュッ









わたしに軽いキスを落とした。





矢野晴人
矢野晴人
…笑笑
神野真琴
神野真琴
…ふふふ笑




何故か、2人とも笑いが込み上げてきて







やっと靴を脱いで、リビングに入った。