無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25


抱きしめていた腕を緩めて






お互い顔を見合わせる形になった。







晴人さんはわたしの頭をしばらく、優しく撫でた。

















矢野晴人
矢野晴人
真琴
神野真琴
神野真琴
…なに??
矢野晴人
矢野晴人
… はい、プレゼント
神野真琴
神野真琴
…えっ?
矢野晴人
矢野晴人
開けてみて?




近くにあった、じぶんの鞄から箱を取り出して






小さな箱を開けると、ネックレスが入っていた。





ピンクゴールドの






小さなハートに一粒ダイヤが光ってる。





神野真琴
神野真琴
可愛い…
矢野晴人
矢野晴人
つけようか?
神野真琴
神野真琴
あ、…ありがとう
矢野晴人
矢野晴人
え?笑
なんで泣きそうなん。笑
神野真琴
神野真琴
だ…だって…




晴人さんがわたしの髪を右肩に持っていって





ネックレスをつけようと





わたしの左真横に晴人さんの顔が。






…わたしの心臓の音、聞かれてないかな…。





矢野晴人
矢野晴人
はい、ついた…お、いいやん。似合ってる




わたしの髪をなおしながら、優しく微笑む晴人さん。





神野真琴
神野真琴
…嬉しい…
ありがとう😊
矢野晴人
矢野晴人
…好き
神野真琴
神野真琴
矢野晴人
矢野晴人
…ちょっと!笑
なんか言ってよ!笑
神野真琴
神野真琴
笑笑笑笑…
わたしは、大好きですよっ?♡
晴人さん😊
矢野晴人
矢野晴人
…バカ




晴人さんは、わたしの肩を抱き寄せた。





矢野晴人
矢野晴人
真琴
神野真琴
神野真琴
ん?
矢野晴人
矢野晴人
…もし…公表してから
ちょっとでも違和感があったりしたらすぐ俺に言うって約束して?




晴人さんの真面目な声が聞こえてきた。





矢野晴人
矢野晴人
…心配かけるとか…迷惑かけるかもとか…
そんな事は考えなくていいから
神野真琴
神野真琴
矢野晴人
矢野晴人
まぁ…なんにもおきないのが
1番いいんだけどね…笑
神野真琴
神野真琴
…笑…たしかに。笑
でも、わたし、ちょっとやそっとの事では負けないよっ?笑
矢野晴人
矢野晴人
神野真琴
神野真琴
…わたしは…
そんな簡単に終わるような恋じゃないって思ってる。
矢野晴人
矢野晴人
…真琴…
神野真琴
神野真琴
晴人さんとの恋を守りたいから…
矢野晴人
矢野晴人
…俺も





分かってる。






報告するという事が、それがどういう事なのか。



















いや…









…分かってたつもりだった。