無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

💍💭





私は言われた通り青になった信号を渡る






??
あなたッ!!危ないッ!




そう声が聞こえた









横を見ると車が猛スピードで走ってきていた









あまりにも急なことで体が固まって動かなかった








ぶつかる









そう思って目をつぶった瞬間、鈍い音と共に私は歩道に突き飛ばされた





(なまえ)
あなた
いった…って、あれ?



ほぼ無傷だ…










…?!
(なまえ)
あなた
…ッ泣
私が倒れるはずだった場所には私の最愛の人がいた