無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

195
2021/03/21

第5話

🤍×年上彼女
ラウール「あなたちゃん」((ギュッ
あなた「ラウ?なんかあった?」
ラウール「何でもバレちゃうんだね、あなたちゃんには、」
あなた「ラウのことは1番理解してるつもりだよ?」
ラウール「うん、そうだね、」
あなた「ほんとにどうしたの?」
ラウール「……その、」
あなた「うん。」
ラウール「彼女の写真見せてって言われたから見せたの」
あなた「うん」
ラウール「思ったより歳いってるんだって言われて、悔しくて」
あなた「んふふ、ラウ?」
ラウール「なーに?」
あなた「怒ろうとしてくれたんでしょ?」
ラウール「うん、」
あなた「私、そこまでショック受けてないよ?」
ラウール「僕がショックだよ?」
あなた「私はね、ラウにだけ私の良さがわかって貰えてたらそれで満足なの。だから、全然ショックじゃない!」
ラウール「うーん、でも、」
あなた「じゃあさ、ラウ。ラウ以外の人が私の良さに気づいて好きになっちゃったらどうする?」
ラウール「やだ。僕のものだもん」
あなた「それだけで充分だよ笑」
ラウール「うん!僕だけが知ってるんだもんね?」
あなた「そうだよ!」
ラウール「なら、いいや!」