無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

356
2018/07/13

第27話

26話 不思議な人
俺たちは順調に勝ち進み、Bブロックで優勝した。
そーた先輩
そーた先輩
まさかトーナメントに出れるとはなぁ…
ふーま
ふーま
俺のおかげっすかね?笑
そーた先輩
そーた先輩
いや、あなたのおかげだろ笑
あなた

えっ、マジすか?!

そーた先輩
そーた先輩
マジじゃない
あなた

そーた先輩!

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
どっちかっつーとあなた応援団のおかげだろ笑
今日も来てくれてんだろ?
あなた

そうっすね…笑
ありがたいっすけどちょっと恥ずいっすよ笑

そーた先輩
そーた先輩
でもほんとにあなた応援団のおかげだよ笑
あなた応援団、皆かっこいい子と可愛い子しかいないもん笑
あなた

まぁ…確かに笑

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
そーそーそのおかげで皆いつもより頑張ってるからな〜笑
ふーま
ふーま
村田先輩とかインターハイ出場したら白石さんに告るって意気込んでたぞ笑
あなた

ま、まいに?!💦

ふーま
ふーま
なーに焦ってんの?😏
あなた

な、なんでもない

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
ふーん、あなたも村田に負けないように頑張れ〜😏
あなた

ヨッシー先輩までなんですか!

そーた先輩
そーた先輩
おい、そろそろ行くぞ😠
あなた

は、はい!

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
あ、逃げた〜笑
コートに入り、円陣を組む
澤部先生
今日も怪我だけは気をつけて、バスケを楽しんでこい!
みんな
はい!
そーた先輩
そーた先輩
よし、このゲーム相手はAブロック優勝チームだ!確かに強え!でも、俺たちはBブロック優勝チームだ!俺たちだって強えんだ!
みんな
うぉぃ!
そーた先輩
そーた先輩
去年は予選ブロックも通過出来なかったけど、今年は出来た!だから、このままトーナメントも優勝目指すぞ!
みんな
うぉぃ!
そーた先輩
そーた先輩
よし!じゃあ締め、ふーま!
ふーま
ふーま
えっ?!うっす!
えー皆様お手を拝借…
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
なんでだよ!笑
ふーま
ふーま
すんません笑
よっしゃ!朝学行くぞ!
みんな
うぉー!
熱い円陣が終わり、整列する。相手は予選トーナメント出場常連チーム…俺たちは初出場…
でもそんなことは過去のこと!俺たちは勢いのままに勝とうと意気込んでいた。
しかし、現実はそんな甘くない…第2クオーターまででは32:39で負けている
澤部先生
へい、お疲れ様!相手の3番、右からの3Pは良く入るけど左からのは5本に1本くらいしか入ってない!右からは打たせんなよ!
あなた

うぃっす

澤部先生の言葉を聞きながら、貰ったドリンクを飲みながら、チームメイトを見る
あなた

(斎藤…肩上がってるな…少し疲れてきてる…村田先輩はちょっとイライラしてんな笑…パスカットされてっからな…そーた先輩はまだ大丈夫かな…でも相当マークされてっから内心ではイライラしてんのかな…

ふーま
ふーま
あなた、怖い顔しなーい
ふーまがそう言って頬をつねってきた
あなた

イテテテテ

あなた

俺、怖い顔してた?

ふーま
ふーま
うん、ふーま、めっちゃ怖かった♡
あなた

何言ってんだお前笑

あなた

(ふーまはまだまだ大丈夫そうだな…笑

ピーッ
そーた先輩
そーた先輩
行くぞぉー!
みんな
はい!
しょうり
しょうり
頑張れ〜!!
まいやん
まいやん
頑張れ〜!!
いくちゃん
いくちゃん
まだまだ巻き返せるよ〜!!
応援団からの声援も飛ぶ
あなた

(応援団のためにも頑張らねば…

そう意気込むも、点差は離れもせず、近づきもしなかった…
あなた

(結構互角だな…

ピーッ
あなた

ん?

すると、ヨッシー先輩が3番のカードをもってコートのところに立っていた
斎藤と交代だ
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
お疲れ!斎藤!これからは先輩に任せなさい!
斎藤
すみません…お願いします!
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
おう!
そう言ってヨッシー先輩はコートに入ってくる
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
はいはい、みんな〜顔怖いから笑
バスケを楽しめよ
ヨッシー先輩は不思議な人だ。変に空気を読むのが上手い…少し、コート上のメンバーの顔が和み、また気合を入れ直す。
ヨッシー先輩が入ってからコートの空気が変わった。ヨッシー先輩はチームに声をかけながらプレーをする。アドバイスも的確で観察力がすごい
気づくと第3クオーターが46-48で2点差に縮まって終わった。
澤部先生
お疲れお疲れ〜
いいぞ、2点差まで詰め寄ってきてる。相手もバテてきてるからここは踏ん張りどころだぞ!
みんな
はい!
そーた先輩
そーた先輩
声出してこー
みんな
はい!
ピーッ
第4クォーターが始まる。