無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

674
2018/05/05

第4話

3話 部活見学(?)
初日、始業式に始まり、席替え、自己紹介、係&委員会決めが終わり、放課後になった。掃除当番ではなかったので、先生に薦められて部活を見学して回ることにした。しょうりは陸上部、そうはサッカー部の練習があったので、1人で回ることになっていたが…
?
あっすみません!
ぼーっと歩いてたら女の子が前からぶつかって来て、持っていた紙を落とした。
あなた

おぉ…大丈夫ですか?

一緒に紙を拾ってあげると
あなた

バスケ部…?

?
あぁはい笑

そうだ!あなた何年生ですか?今部員募集中なんですけど…
あなた

2年生です…

?
じゃあ同学年だ!
部活入ってる?
あなた

いや、今年転入してきたから…
今、西島先生に薦められてどっか部活見学して回ろうかなって…

?
それならバスケ部来なよ!
3年生引退しちゃうと2年生が4人になっちゃうんだよね…1年生は何人入ってくれるか分かんないし…
あなた

でも俺、バスケは体育の授業でやったくらいだから…

?
全然大丈夫だよ!
君身長あるし!何センチ?
あなた

まだ今年測ってないからわかんないけど…180ちょっとくらいかな…?

わか
わか
おお!高2だったらまだ伸びるかもだし!
一緒に行こ!
あっそうだ、私、3組の若月佑美!一応バスケ部のマネージャー
あなた

えっちょっと…

そう言われて俺は若月さんに手を引かれて体育館に来てしまった…
わか
わか
おーい!入部希望連れてきたー!
あなた

ちょっ!俺はまだ…!

ふーま
ふーま
おぉーあなた!お前バスケ部入りたいの?
れーか
れーか
えー!身長あるし、有望株じゃん!
あなた

いや、まだ俺は入るなんて一言も…
それに俺、バスケ未経験だし!

ふーま
ふーま
あ、そなの?まぁいいよ!見学していけよ!
あなた

えっ!お、おぉ

そーた先輩
そーた先輩
おーい!お前ら!休憩終了するぞ!
ふーま
ふーま
あ、はーい!
ふーま
ふーま
じゃああなた、適当に見てって
あなた

お、おう!

すると、部員は皆3年のキャプテンであろう人のとこに集まってからボールを出して練習を始めた。
あなた

やっぱ、皆上手いなぁ…(小声

そーた先輩
そーた先輩
君、バスケ部興味あるの?
あなた

えっ?!

いつの間にか、あのキャプテンであろう人が隣にいた
あなた

あっ、いえ…
若月さんに連れられてこられて…

そーた先輩
そーた先輩
はは(´∇`)ごめんな笑
あいつ、強引なとこあるからなぁ笑
あなた

いえ、いいんですけどね…笑
部活、見学して回ろうとしてたんでちょうど良かったです。

そーた先輩
そーた先輩
そっか
今年転入してきたんでしょ?
初日から大変だな笑
あなた

いえ、楽しかったです笑

そーた先輩
そーた先輩
君、バスケ未経験って聞いたけど…
ちょっとこの練習終わった後、ボール触んない?
あなた

えっ、バスケ出来ないですよ?💦

そーた先輩
そーた先輩
いいからいいから(^ω^)
あぁそうだ
俺、3年のバスケ部キャプテン福士蒼汰
よろしく
あなた

えっ

あぁ俺、2年のあなたです
よろしくお願いします。

そーた先輩
そーた先輩
おい!風磨!
サボんじゃねえぞ!
ふーま
ふーま
やべ!笑
そういい、そーた先輩は練習に戻って行った
れーか
れーか
君、あなたくんって言ったよね?
私、桜井玲香!
よろしくね!
わかと一緒にバスケ部のマネージャーやってるんだ!
あなた

うん、よろしく

れーか
れーか
どう?見学してみて
バスケ部だけど結構緩いでしょ?笑
あなた

そうだね笑
バスケ部ってもっとキツいイメージがあった

わか
わか
お!じゃあどう?
バスケ部!
あなた

えっ、えっと…

れーか
れーか
こらこら笑
押しが強いわ笑
わか
わか
あぁごめん笑
わか
わか
まぁ考えてみてよ!
あなた

う、うん

そう言って、2人のマネは仕事に戻って行った
それからバスケ部はまあまあキツそうなメニューをやって行き、最後にミーティングを終え、そーた先輩に呼ばれた
そーた先輩
そーた先輩
じゃああなた!やろっか!
あなた

えっほんとにやるんすか?

そーた先輩
そーた先輩
えっ?うん、やろうよ?
あなた

はい…

あなた

そういえば!ミーティングの時、顧問とか来ないんですか?

そーた先輩
そーた先輩
あぁ今日はたまたま忙しいから適当に終わらせろって言われてね…
顧問誰か知ってる?
あなた

いや…知らないです…

そーた先輩
そーた先輩
そうなんだ、顧問は澤部先生って人だよ
確か2年の担任だよね?3組だったかな…?
あなた

あぁあの坊主の先生ですか?

そーた先輩
そーた先輩
そうそう笑
あんな感じだけど、バスケめっちゃ上手いからね笑
喋りながらなんとなくバスケをしないで済むことを願ってた
わか
わか
ねぇ…バスケ、嫌い?
あなた

え?いや…そんなことないよ

わか
わか
だってそーた先輩と頑張って話続けようとするから…バスケしないの?
私、あなたくんのバスケしてるとこ、見たいな…(上目遣い
あなた

えっ…(可愛い…
別にバスケ嫌いじゃないよ!
うん、やろ!やりましょう!そーた先輩!

そーた先輩
そーた先輩
お、おう!やろ!
そーた先輩
そーた先輩
おい!2年!どうせ暇だろ!付き合え!
ふーま
ふーま
えー別に暇じゃないっすよ〜笑
まぁ面白そうなんでいいですよ!
そんな感じで3年生のチームと2年生の俺を含めたチームでミニゲームをすることになった