無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

556
2018/05/06

第8話

7話 相談
そう
そう
大丈夫ー?なんか深刻そうな顔して話してたけど…
あなた

おう!次の授業なんだっけ?

そう
そう
えっと…地理?
しょうり
しょうり
おい!地理はもうやったろ!笑
まいやん
まいやん
次、理科だよ!
あなた

そっか!ありがとう!
理科の先生ってどんな人だろ?

飛鳥
飛鳥
時々ね、ラップみたいにして暗記の仕方教えてくれるから、めっちゃ面白いんだよ!
あなた

へぇラップかぁ

そう
そう
なんか高校生時代にラッパー目指してたんだって
あなた

凄いね笑

ガラッ
日高先生
Hey!お前ら元気かい!
みんな
イェイ!🤘🏻😎🤘🏻
日高先生
さあ始めようか⤴︎!
はい、号令かけてー笑
あなた

なんか凄い先生だね…笑(小声

まいやん
まいやん
多分全然眠くなんないよ笑(小声
あなた

そうだね(小声

ここから、4限の理科が終わり、5限のLHRが終わってやっと放課後になった。
あなた

今日は西野さんと掃除当番か…

七瀬
七瀬
あなたくん!掃除当番だよね?
はやく終わらせちゃお!٩(ˊᗜˋ*)وニコ
あなた

うん!(笑顔やばい💕

掃除しながら色々と喋ったので結構仲良くなれたし、早く終わらせられた!!(๑و•̀ω•́)و✧ヨッシャ!
あなた

西野さんはさ…

七瀬
七瀬
七瀬でいいよ!
あなた

えっ…

七瀬
七瀬
だって、こっちはあなたくんって呼んでるし!それに皆、七瀬とか、なぁーちゃんって呼んでるし!
あなた

そっか!分かった笑

あなた

じゃあ…七瀬はさ(照笑…

七瀬
七瀬
うん…(照れてるの可愛い💕
あなた

七瀬は美術部じゃん?それで、もしさ、自分の絵で友達を傷つけたりしちゃっても絵を描き続ける?

七瀬
七瀬
うーんそうだね…絵で友達傷つけたりしたことないからあんまりわかんないけど…
あなた

そうだよな…

七瀬
七瀬
でも、絵は描き続けるよ!多分!
あなた

え?

七瀬
七瀬
だってさ、美術部の子だったら絵を通して友達になったわけだし、仲直りするならやっぱり絵を通して仲直りするんじゃないかな…
あんまりよくわかんないけど…
あなた

そっか…そうだよね

七瀬
七瀬
うん!友達と喧嘩したなら、自分とその友達との共通のことを続けてそれを通して仲直りすればいいよ!多分!
あなた

そっか!ありがとう!

七瀬
七瀬
ううん!いつでも相談乗るよ!
あなた

うん!ありがとう(*ˊᗜˋ*)/

七瀬
七瀬
じゃあね!部活行かなきゃ!
あなた

おぅ!バイバイ!

七瀬
七瀬
バスケ部頑張って!
あなた

えっ?!

七瀬
七瀬
バイバイ!ヾ(*´∀`*)ノニコ
七瀬と分かれた俺は、何となくバスケ部に行きづらくなって、整頓された教室の自分の机に座った。
あなた

バスケ部どーしよ…

けんてぃー
けんてぃー
どーした
迷える子羊よ
あなた

えっ?あ、健人さん!
びっくりさせないでくださいよ笑
ってか何でここに?

けんてぃー
けんてぃー
そんなびっくりした?笑
言ってなかったっけ?俺もこの学校だよ?
あなた

言ってないです!

けんてぃー
けんてぃー
まぁまぁ笑
れーかちゃんから聞いたよ?
バスケ部入るの?
あなた

いや、まだ迷ってて…

けんてぃー
けんてぃー
何をそんなに迷ってる?
あなた

まぁ色々とあるんですよ…

けんてぃー
けんてぃー
ふーん…
じゃあ保健室の伊藤先生のとこ言ってみれば?この学校の生徒は悩み事があるとだいたい保健室にいって相談に乗ってもらうんだよ
あなた

そーなんですか…
行ってみようかな…

けんてぃー
けんてぃー
そーと決まれば俺はお役御免でドロンします
と言って、健人くんは帰ってしまった…
保健室どこだろ…?
?
きゃあっ!
ごめんなさい!
あなた

あっ、すみません
大丈夫ですか?

?
ごめんね…
あなた

あの、保健室どこですか?

?
えっ?怪我した?ごめんね!
あなた

あっ、いえ
保健室の伊藤先生に相談に乗ってもらおうと…

伊藤先生
伊藤先生
そうなの?
私、保健室の伊藤だけど…
私に相談なんて珍しいわね…
あなた

えっ?そうなんですか?
3年の中島先輩が保健室で相談乗ってもらえって…

伊藤先生
伊藤先生
あはは笑
ケンティーの知り合いか笑
いいよ、相談乗ってあげる
あなた

すみません…(?)

ってことで相談事を話したら…
伊藤先生
伊藤先生
なるほどねぇ…割と重いわね…
あなた

すみません…

伊藤先生
伊藤先生
謝んなくていいんだよ笑
高校生でそんな重いこと背負ってて…たいへんだったんだね…
あなた

はい…
俺、どーすれば…(半泣

伊藤先生
伊藤先生
うーん…
まぁ1番は自分がどうしたいのかが重要だけど…お友達の気持ちになってみると…私はだよ?私は君にバスケを続けて欲しいかな…
あなた

はぁ…

伊藤先生
伊藤先生
お友達からしたら、才能があるかもしれない仲間が自分のせいでバスケを辞めたって考えたら、もっと生きる希望を無くしちゃうんじゃないかな…
あなた

ん…そうですよね…

伊藤先生
伊藤先生
あなたくん、
バスケ、好き?
あなた

はい!バスケ、好きっす!(泣)

伊藤先生
伊藤先生
じゃあもう行くべきところは分かるね!
あなた

はい!ありがとうございました!

俺は椅子から立ち上がって保健室のドアを開けると…
✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽
👁300突破しました!ありがとうございます!
こんなにたくさん見てもらえるとは思ってなかったです!本当にありがとうございます!

感想、リクエストなどはコメント欄にお願いします!

これからも精進致しますので、よろしくお願い致します!