無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

544
2018/05/05

第7話

6話 昔のこと
振り向くと、そこにそーた先輩がいた。
あなた

どうしたんですか?そーた先輩?

そーた先輩
そーた先輩
ごめん、一瞬だけあなた借りていい?
ふーま
ふーま
え?先輩?どうしたんすか?
わかれい
そーた先輩は俺を連れて、廊下に出た。そこにはヨッシー先輩もいた。
あなた

先輩?どうしたんですか?

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
いやぁちょっとね
あなたが、バスケ部に入るかどうを最初に言うのはあの3人だろうなって思ってね
あなた

ん?
まだあまり話が見えないんですけど…

そーた先輩
そーた先輩
じゃあ単刀直入に聞くね
あなた、本当はバスケ経験者でしょ?
それも割と長い間やってたでしょ?
あなた

えっ?
なんでですか?(汗
言ったじゃないですか!
バスケはやったことないって!

そーた先輩
そーた先輩
まぁまぁそんなに熱くなるな笑
あなた

すみません…

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
だってお前不自然だったもん!昨日
あなた

どこがですか?

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
ゲームの前と後のストレッチとか、周りの部員が教えなくても伸ばすべきところを伸ばしたりしてたし…
あなた

たまたまですよ…

そーた先輩
そーた先輩
バスケの細かいルール全部知ってたみたいだし
あなた

体育の授業でやったから…

ふーま
ふーま
もぉーさー白状しろよ!あなた!
そーた先輩
そーた先輩
なんでお前がいるんだよ!
わかれい
いいじゃないですか!
勧誘!勧誘!
そーた先輩
そーた先輩
はぁ…まぁいいか
バスケ部入ったらどうせ1年以上チームメイトだもんな…
ふーま
ふーま
ぶっちゃけさぁー
俺、あなたの名前見たことあるんだよね…中学の時
あなた

なんで?!
俺の前の学校ここからめっちゃ遠いのに?!

ふーま
ふーま
なんかね…なんか聞いたことある名前なんだよ!
そーた先輩
そーた先輩
そーゆー証言もあるし…
あと、先生にお前の事調べてもらったから
あなた

えっ…

澤部先生
(ヽ(•̀ω•́ )ゝキラーン✧)
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
なんかお前の高校はほぼエレベーター式だったんだろ?だから、中学ん時からバスケ部に入り当然高1の時もそのままバスケ部に入っていた…
あなた

そーた先輩
そーた先輩
そんな感じだったから、もちろんバスケ部の面子もほぼそのままだった
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
お前のチーム結構練習厳しかったんだってな…
顧問がめっちゃスパルタだったとか
そーた先輩
そーた先輩
それでもお前たち生徒は顧問についていった。その顧問は厳しいけど凄腕で、顧問について行けば全国へ行ける可能性があったからだ。
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
しかし!お前が高1の冬!
部活に遅れてきた同級生がいた…
そーた先輩
そーた先輩
そしたら顧問は遅れてきた奴に怒鳴り散らしたんだ。まぁ大会直前で顧問も熱が入っていたんだろうな…すると、先生の怒りがだんだん大きくなり、いきなり「今日は終わり!練習やっても意味ねえよ!」と言い出した。
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
お前達はびっくりしただろうな…大会直前でなんで練習をやめてしまうのか。お前は当時1年内の学年代表みたいなやつだったんだろ?だから遅れてきた奴を連れて顧問に謝りに行った。誤りに行けば許してもらえるだろうってな…まぁ俺もその立場だったらそうなるけどな…
あなた

そーた先輩
そーた先輩
だけど、謝りに行ったのに顧問は相当怒ってたんだな…許してもらえず、そのまま大会が来てしまった…もちろん、顧問がいない中で練習はしたけど緊張感が無くなってしまい、テキトーな練習をしてた。
わかれい
それで…負けた…
そーた先輩
そーた先輩
そう。負けた。お前以外のチームメイトは大会後、その練習に遅れてきた奴を責めた。結構長い間な。お前が顧問怒らせたからこんなになったって…ほぼイジメみたいな感じになってたんだろ…2年生はほぼ最後の大会だったからな…
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
で、お前はその責められてる奴を助けなかった。助けられなかったって言った方が正しいのかな?
あなた

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
2年生には逆らえないもんね…
お前とそいつは仲が良かった。2年はそこを狙った。まぁ仲いい奴に見放されたら辛いとは思うよな…
そーた先輩
そーた先輩
2年生はお前にそいつを無視するように言われた。お前は抵抗したが、2年がなんかして脅してきたんだろ?で、お前はそいつを無視するようにさせられた。
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
仲が良かった奴に無視されるようになり、生きる希望を失くしたそいつは、学校の屋上から飛び降りた…
わかれい
えっ…
あなた

そーた先輩
そーた先輩
そして、未だに意識不明の重体。まだ死んじまうよりは良かったがな…そして、お前はショックで責任を感じ、バスケ部を辞めた。
あなた

ふーま
ふーま
わかれい
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
そーた先輩
そーた先輩
これでもまだバスケ未経験って言う?
あなた

…昔の事です…

キーンコーンカーンコーン
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
やべ!予鈴鳴っちった!
戻るぞ!
鐘が鳴ってしまったので俺たちは自分たちの教室に戻った。