無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
561
2018/07/16

第29話

28話 敵
俺たちの次の相手を決める、Cブロック優勝チームvsDブロック優勝チームの試合は大いに盛り上がり、接戦の上、身長180後半の選手がいる、Dブロック優勝チームが勝った。

試合後、末吉先生を見つけた末吉選手がこっちに駆け寄ってきた。
末吉選手
兄ちゃん!来てたんだね!
末吉先生
おう、お疲れ様!
末吉選手
事前に言ってくれたらもっと頑張れたかもしれないのに!
末吉先生
ごめん、ごめん笑
そして、末吉選手が俺に歩み寄ってきた。
末吉選手
君、去年見たことない気がするけど、1年生?
あなた

いや、今年引っ越してきたんです。だから2年生です。

末吉選手
そっかー!じゃあ同い年だね!よろしく!
あなた

は、はぁ、よろしくお願いします…

末吉選手
同い年なんだから、タメ口でいいんだよ!笑
そういえば君、名前は?
あなた

あなた…です…あ、だよ

末吉選手
ふふ笑あなたね
俺は末吉秀吉。これの弟!
あなた

はい(知ってます…笑

末吉選手
明日の試合、俺も見に行くから頑張れよ!
あの187cmに勝てよ!
あなた

お、おう!

末吉選手
じゃあな!( ´罒`*)✧"
末吉先生
ごめんなあなた笑
アイツ、コミュ力オバケだから笑
あなた

結構明るいんですね…笑
あと、意外に小さい…

末吉先生
ははっ笑
あーゆー感じだけど、バスケはマジで上手いからな?笑
澤部先生
今度、練習試合申し込んでみるかー
そーた先輩
そーた先輩
あ、その試合、やりたいです!
澤部先生
じゃあ、明日の試合、勝って引退までの時間を伸ばさないとな!
みんな
はい!
ふーま
ふーま
あなた、早速絡まれたな笑
あなた

びっくりだよ笑

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
それだけマークされてんだよ。去年はブロック優勝も出来なかったチームがブロック優勝してて、そのチーム見てみると、なんか見たことない奴いるな〜ってなって、あなたが重要人物だなってみんななるんだよ
ふーま
ふーま
いーなーあなた
そーた先輩
そーた先輩
でも、あなたが注目されているおかげで俺たちは試合の中で少しは動きやすくなる
ふーま
ふーま
確かに!そしたら俺、あなたより頑張ってやれば有名人になれんじゃん!
そーた先輩
そーた先輩
それはふーまの頑張り次第だな笑
あなた

おれ、囮っすか…

ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
チームの勝利には必要な役目だよ
澤部先生
そうだぞ!お前が第1クォーターで大人しくしとりゃ、そーたやふーまが動きやすいだろ?それであなたの事をそうでもないなって相手が思ったらお前のマークが外されて、お前が少し動きやすくなる。それがちゃんと出来たら勝利への道は近い!!
あなた

まぁ、そっすね

飛鳥
飛鳥
大丈夫だよ、あなた
第1クォーターの時に大人しくしてようと意識しなくても
あなた

なんで?

飛鳥
飛鳥
だって、あなたたちの試合、何回か見てたけど、第1クォーターの時はあなた、まだ緊張してて、全然足動いてないもん笑
あなた

なんだとぉ!

ふーま
ふーま
確かに笑
ヨッシー先輩
ヨッシー先輩
うん、ベンチから見てて心配になる笑
あなた

えっ!マジっすか?!

澤部先生
うん、だからあんまり気負わなくて大丈夫笑
あなた

はい…

飛鳥
飛鳥
まぁまぁ、気を落とすな、あがり症!
あなた

飛鳥ー!ヽ(`Д´)ノ

?
その風景を遠くから見ている奴がいた。