第14話

突然の雨
2,050
2018/12/04 08:58
迅悠一
2人共お疲れ様〜
三雲修
(あの空閑が…1歩も手を出せないまま負けるなんて)
空閑遊真
いやぁ,正直舐めてたよアンタのこと
美久瑠
……もういいですよね,帰ってもいいですか
迅悠一
美久瑠から見て遊真の実力はどうだ?
美久瑠
戦い慣れしてます,体の使い方も良い訓練すればいい所まで行けるんじゃないですか?…それより私はさっきから浮いているソレに興味があるんですけど
レプリカ
挨拶が遅れたな,私はレプリカ,遊真のお目付け役だ
空閑遊真
レプリカは俺の父ちゃんが作ったんだ
美久瑠
ありがとう,じゃあ私後帰りますね
迅悠一
あぁ〜もう1人いるんだけど〜
美久瑠
そのメガネでしょう?戦っても意味無いと思いますけど
迅悠一
理由は?
美久瑠
さっき視えました
迅悠一
SEかぁ〜そりゃ仕方ない
美久瑠
もういいですか?天気が悪くなる前に帰りたいんですが…
宇佐美 栞
あぁ〜それなんだけどね…外,もう雨降ってるの今日は皆泊まって行ったら?
美久瑠
(嘘…?!)
ゴロゴロゴロ§§ピカ!§§ドーン!!
迅悠一
雷も鳴ってるね…
美久瑠
今から走れば間に合うと思います…
宇佐美 栞
無理しない方がいいよ
美久瑠
大丈夫です,トリオン体で走れば問題ありません
迅悠一
やっぱり心配だな…メガネくん途中まで送って来てあげてよ
三雲修
僕で良かったら
美久瑠
必要無い
三雲修
ですが,この天気ですし…
宇佐美 栞
そうだよ,万が一何かあったら
美久瑠
……三輪に来てもらえばいいんだろ
迅悠一
そうゆう事,秀次なら何があっても大丈夫だしね
美久瑠
連絡します…
空閑遊真
……アイツ,雨苦手なの?
迅悠一
美久瑠は…4年前の大規模侵攻でお兄さんを亡くしているんだ
その時に雨が降ってたんだよ,それからアイツは雨を嫌う様になった
雨取千佳
何だか修君に苦手意識を持っているように感じましたが
宇佐美 栞
それは…
迅悠一
メガネくんは美久瑠のお兄さんに似てるんだよ,てか似すぎ
三雲修
そうなんですか…それで理解出来ました
美久瑠
迅さん,何余計な事言ってるんですか
迅悠一
お,秀次何だって?
美久瑠
今本部にいるそうで,まだ書類があるから来るのに暫く時間がかかるそうです
宇佐美 栞
じゃあ、部屋で少し休んでたら?
迅悠一
秀次が来たら起こしに行くよ
美久瑠
そうします…
空閑遊真
…来た時とは雰囲気がだいぶ違うな
雨取千佳
それだけお兄さんの事が大好きだったんだよ
迅悠一
そうだな…
宇佐美 栞
さ,晩御飯にしようよ!!今日はカレーだゾ〜
続く

プリ小説オーディオドラマ