無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

part8
ある日の部活中
清水潔子
あ、スポドリ作らなきゃ
縁下(なまえ)
縁下あなた
あ、私作ってきますよ!
縁下(なまえ)
縁下あなた
(美人にスポドリ作りなんてやらせたら殺される......!)
清水潔子
そ、そう?ありがとう!
縁下(なまえ)
縁下あなた
いえいえ!
さて、やりますか!










シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ
縁下(なまえ)
縁下あなた
......あと半分!
山口忠
あれ?あなたさん?
縁下(なまえ)
縁下あなた
あ、山口くん!もしかして休憩入っちゃった!?
山口忠
ううん。俺はちょっとトイレに。
縁下(なまえ)
縁下あなた
そっか。早く作んないと!
山口忠
......手伝うよ。
縁下(なまえ)
縁下あなた
え、でも
山口忠
俺が、手伝いたいの!
縁下(なまえ)
縁下あなた
......ありがとう。


山口side




トイレ行った帰りに、あなたさんを見つけた。スポドリ作ってて、大変そうだったから手伝うって言って、いま手伝ってる。
そして、ふと。思ってしまった。
































あなたさんは、日向たちのこと、どう思ってるのかな。と。
そして、1度思ってしまったら、聞かずにはいられなかった。
山口忠
あなたさんは、日向たちのことどう思う?
縁下(なまえ)
縁下あなた
......凄いなって思う。皆一生懸命ボール追いかけてて、カッコいいなって。月島はなんか中途半端な感じかするけど。
山口忠
そっか..........
カッコいい..........か。
俺は、多分その中に入ってない。
普段なら、ちょっとしたコンプレックスだし、自分からなんて絶対いわないけど



















あなたさんになら、言える気がした。
山口忠
俺さ、
縁下(なまえ)
縁下あなた
ん?
山口忠
1年の中で1人だけレギュラー外れてさ、悔しかった。そりゃ菅原さんとか先輩がたの方が悔しいと思うけどさ。ピンサーで、そのくせあんまりジャンフロの成功率高くなくて、自信なくて勝手に逃げ道作ったりしてた。皆に比べたら、俺って凡人だなって思っちゃって。..........なんでこんなこと言ってるんだろ。ごめん勝手に。
ホント、カッコ悪い。
縁下(なまえ)
縁下あなた
っそんなふうに言わないでよ!!!バカなの!?