無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

拾話(鬼)
私は、監督と任務の事を話したあと
マネージャーの仕事は、1年が中心にやっているらしく
1年の国見くんと隣のクラス金田一勇太郎くんにマネージャーの仕事は、教わった
「(なまえ)」
「あなた」
2人ともありがとうございます
国見英
国見英
俺が無理矢理誘ったんだし
金田一勇太郎
金田一勇太郎
(国見が謝ってる!!!)
マネージャーって言ったら大体及川さん狙いの人ばっかだったから助かったよ
「(なまえ)」
「あなた」
そんなに及川先輩ってかっこいいんですかね?
国見英
国見英
さぁ?俺には、わかんない
金田一勇太郎
金田一勇太郎
俺もわからん
及川徹
及川徹
ねぇ、そこの3人バッチリ聞こえてるからねぇー
岩泉一
岩泉一
早くやれクソ川
ボカッ
及川徹
及川徹
痛いよぉー
岩ちゃーん
「(なまえ)」
「あなた」
主将は、岩泉先輩なんですか?
金田一勇太郎
金田一勇太郎
岩泉さんかと思うけど及川さんなんだよね
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、大丈夫なんですか?
国見英
国見英
まぁ、岩泉さんがいるから今のところは…
「(なまえ)」
「あなた」
大変ですね
及川徹
及川徹
3人とも俺一応先輩だからね


















練習終了
及川徹
及川徹
あなたちゃーーーーん、一緒に帰ろー
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、結構ですよ
(それに鬼がでたらバレるし)
及川徹
及川徹
えっと、でも真っ暗だし危ないよ?
国見英
国見英
じゃあ、みんなで帰ればいいじゃないですか
岩泉一
岩泉一
クソ川と2人で帰るのが嫌なんだと思うぞ
金田一勇太郎
金田一勇太郎
みんなで帰った方が安全だと思います
花巻貴大
花巻貴大
じゃあ、みんなであなたを送って帰りますか
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、そんな大丈夫ですよ
「(なまえ)」
「あなた」
(どうしよう、もし鬼が出たらバレないかな?)
松川一静
松川一静
そこは、先輩を頼って下さいよ
及川徹
及川徹
じゃあ、決定だね☆
岩泉一
岩泉一
キモイぞ
及川徹
及川徹
ひどい!!!!!
「(なまえ)」
「あなた」
(鬼が出たら、隊服はしたに来てるから制服を脱がないといけないしどうしよう、まぁ早着替えしたらなんとかなるかな?)
10分ほど歩いて帰ってたら
「(なまえ)」
「あなた」
(鬼の気配がする)
稀血がたくさんいるじゃねえか
久しぶりのご馳走だなぁ
及川徹
及川徹
うぁ、鬼だぁ
岩泉一
岩泉一
お前ら、早く逃げろ
「(なまえ)」
「あなた」
(着替えて、お面被ってます)
「(なまえ)」
「あなた」
(間に合って良かった)
今宵も月が美しいですね
鬼さん
あぁ、鬼殺隊かー
お前みたいな女に俺が倒されるわけないだろう‪w
「(なまえ)」
「あなた」
女だからって舐めたらダメですよ?
何を言ってんだか‪w
「(なまえ)」
「あなた」
それはこちらの台詞ですよ
だって、もう斬られてるじゃありませんか
そんなはずは…
(バラバラ…)
「(なまえ)」
「あなた」
次は、鬼になりませんように
及川徹
及川徹
あの助けてくれてありがとうございました
「(なまえ)」
「あなた」
いえいえ、これが仕事なので
「(なまえ)」
「あなた」
隠さん、この人たちに藤の花のお守りを渡して家まで送ってあげてください
わかりました桜柱様
「(なまえ)」
「あなた」
お願いしますね
「(なまえ)」
「あなた」
(早く着替えないと)
着替え完了
「(なまえ)」
「あなた」
(今から演技しないと)
さっきのは、なんですか?
(桜柱様大変だろうなぁ)鬼というものですよ
岩泉一
岩泉一
また、鬼か
花巻貴大
花巻貴大
本当に怖いよなぁ
あれは、まだ雑魚で良かったですよ
及川徹
及川徹
あれで雑魚なんですか?
はい、それでは皆さん送って行きますね
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、私は、そこなので
失礼しますね
おぅ/じゃーね/バイバイ
国見英
国見英
あんまり、なんか怖がってませんでしたね
桜山さん
松川一静
松川一静
そう言われたらそうだね
花巻貴大
花巻貴大
鬼に襲われたことがあるんじゃないの?
(桜柱様、演技上手いな)
「(なまえ)」
「あなた」
バレてないかな?
「(なまえ)」
「あなた」
後でさっきの隠さんに聞いてみよ