無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

伍拾捌話(本部に報告)
鬼殺隊本部
コンコン
「(なまえ)」
「あなた」
桜山あなたです
報告にまいりました
お館様
お館様
あなたかい?
入っておいで
「(なまえ)」
「あなた」
失礼します
鰤山の証拠がとれたのでこのままこちらで処分してもよろしいでしょうか?
お館様
お館様
証拠が見つけれたんだね
僕があなたに全て任せると言ったから最後まで任せるよ
「(なまえ)」
「あなた」
御意
お館様
お館様
あなた、家に行ってみたかい?
「(なまえ)」
「あなた」
いえ、自宅にまだ帰ってないです
お館様
お館様
久しぶりに桜を見てきたらどうかな?
あの桜は、何故か一年中咲き誇っている
それにあなたの1部でもあるんじゃないかな?
「(なまえ)」
「あなた」
はい、あの桜はどの桜よりも綺麗ですから
お言葉に甘えて少し自宅に寄らせていただきます
お館様
お館様
あと、処分はバレー部の皆さんの前でやってもいいよ
「(なまえ)」
「あなた」
それでは、バレるのでは?
お館様
お館様
私は、もうカナヲみたいになる子供達を増やしたくないんだ
だから、バレー部の皆さんに私の子供達はすごいということを知ってもらいたいんだ
あなた、いいかな?
「(なまえ)」
「あなた」
もちろんです
お館様のご命令ならば
お館様
お館様
よろしく頼むね
「(なまえ)」
「あなた」
御意
--------キリトリ線--------
証拠は、ドリンクを作りに行ってる時にあなたちゃんは3人の会話を隠れて録音していました

分かりずらくてすみません
--------キリトリ線--------
桜屋敷
「(なまえ)」
「あなた」
やっぱり、この桜を見ると不思議と落ち着くな
「(なまえ)」
「あなた」
カナヲにちゃんと謝らないとな
早く救えなくてごめんって
「(なまえ)」
「あなた」
これで証拠も全てまとめたし大丈夫かな
「(なまえ)」
「あなた」
本当に今回は、皆さんに助けられたな
怒りが爆発する前に止めてもらえてよかった…
--------キリトリ線--------
その頃合宿は…
監督
お前ら戻れ
うっす
及川徹
及川徹
ねぇねぇ、岩ちゃん
岩泉一
岩泉一
なんだ?
及川徹
及川徹
あなたちゃん、どこ行ったんだろう
岩泉一
岩泉一
そりゃ、本部だろ
及川徹
及川徹
そっか、あなたちゃんがいた方がそんなに虐め起きなそうだな
あのさ、さっきさ、あなたちゃんの一言で場が収まったじゃん
岩泉一
岩泉一
そうだな
別に桜山が行く必要がないって言いたいのか?
及川徹
及川徹
そうそう
竈門炭治郎
竈門炭治郎
それは、俺達と青葉城西の皆さんを信用したからだと思いますよ
及川徹
及川徹
た、炭治郎くん!!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
すみません、驚かせて
岩泉一
岩泉一
いや、別に構わないべ
ホントなのか?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
俺、匂いで感情も読み取れるんです
及川徹
及川徹
えっ、すごっチートじゃん!!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そんなことないですよ
善逸の場合は、音だったり、カナヲだったらその人のオーラみたいなのを見て判断するからすごいことではないですよ
竈門炭治郎
竈門炭治郎
だから、さっきあなたから、及川さんと話してる時微かですけど信用してる匂いがしたんです
青葉城西の皆さん、あなたを信じてください必ずこの状況をどうにかしてくれます
俺じゃあ、何もできませんけど…
岩泉一
岩泉一
そんなことないと思うぞ
及川徹
及川徹
そうだよ!!
音柱さんから聞いたんだけど、あなたちゃんが強くなれたのは炭治郎くんがいたからだって、それに鬼殺隊の人もたくさんの人が救われてるって言ってたよ
竈門炭治郎
竈門炭治郎
宇隨さんが…
我妻善逸
我妻善逸
あの派手野郎も言ったんだろ?
炭治郎、もう少し自信を持てよ
それに俺の方が弱いんだからな
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そんなことはないぞ
それに善逸は、強いぞ
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
2人とも強いから
我妻善逸
我妻善逸
か、カナヲちゃん
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
炭治郎も善逸も弱くない
これ以上言うならあなたに言う
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そ、それだけは
我妻善逸
我妻善逸
辞めてください
及川徹
及川徹
あなたちゃんがどうしたの?
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
あなたは、自分が弱いって言ったらじゃあ自分が強いって思えるまで特訓をさせる
岩泉一
岩泉一
でも、いいことなんじゃないか?
我妻善逸
我妻善逸
いや、マジで怖い…
強くなるというより精神が崩壊するよぉぉぉ
及川徹
及川徹
なんか、想像できてる俺がいるんだけど
岩泉一
岩泉一
俺もだ
鰤山ぶりこ
鰤山ぶりこ
あっ、及川さんと岩泉さん♥
これからアップとるみたいですよぉ
あと、カナヲちゃんのお姉さんどっか行っちゃったけどカナヲちゃん見捨てられたのぉ?
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
あなたは、そんなことしない
鰤山ぶりこ
鰤山ぶりこ
でも、本当の姉妹なら普通は一緒に帰るよね
及川徹
及川徹
君さ、いい加減に…ぜ、善ちゃん!?
我妻善逸
我妻善逸
ぜ、善ちゃんってなんだよ…(。´-д-)
あのさ、君って鬼殺隊なんだよね
なのになんで、人を貶めるような言い方するの?
鰤山ぶりこ
鰤山ぶりこ
貶めてないですよぉ、善逸くん♥
我妻善逸
我妻善逸
じゃあさ、カナヲちゃんを虐めないでくれる?
鰤山ぶりこ
鰤山ぶりこ
虐められてるのは、私ですよ
今だって、本当は怖いですぅ…
我妻善逸
我妻善逸
もう、いいよ
あとさ、俺の名前呼ばないでくれる?
ここのバレー部全員呼ばないでよ
気持ち悪い
鰤山ぶりこ
鰤山ぶりこ
ひっ、酷いですぅ
我妻善逸
我妻善逸
酷いも何もないだろう
大切な仲間を虐めてるやつに名前なんて呼ばれたくないよ
それに君…
鰤山ぶりこ
鰤山ぶりこ
な、なんですか?
我妻善逸
我妻善逸
覚悟しておいた方がいいよ
(あなたが多分戻ってくる…気がする
明日か、明後日に)
鰤山ぶりこ
鰤山ぶりこ
ど、どういう意味ですかぁ?
(どういうことだろ?もしかして、名前を呼ぶなって2人だけの時に呼んで欲しいのかしら可愛い♥
覚悟しとけってことは、告白かな?
及川さん、狙ってたけど善逸くんもかっこいいしいいかも
私、モテ過ぎて困るー)
←なんか、話聞いてた?
我妻善逸
我妻善逸
もう、いいよ
皆さん、行きましょう
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
善逸、ありがとう…
我妻善逸
我妻善逸
いや、いいよ
炭治郎が言うんだったら多分無理に嘘をつこうとしたら顔がね・・・うん・・・
及川さんが言ったら多分…俺よりもめんどくさいことになってたかもしれないから
それにあなたに怒られるし
及川徹
及川徹
なんか、善ちゃんかっこよかった!!
我妻善逸
我妻善逸
俺、善逸!!
及川徹
及川徹
えー、善ちゃん可愛いじゃん
我妻善逸
我妻善逸
善逸だから!!
岩泉一
岩泉一
すまん
竈門炭治郎
竈門炭治郎
善逸、ごめん
我妻善逸
我妻善逸
俺だって、炭治郎にたくさん助けられたからいいよ
それに今は、カナヲちゃんを助けろって柱命令があるんだから
竈門炭治郎
竈門炭治郎
たまに善逸ってかっこよくなるよな
我妻善逸
我妻善逸
炭治郎…
たまには余計…
及川徹
及川徹
あっ、俺
烏野の主将くんにあなたちゃんのこと伝えないと
でも、鬼殺隊のこと知らないよね
なんて、言おう岩ちゃん!!!
岩泉一
岩泉一
知るか!
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
大丈夫です
烏野の3年は、私達が鬼殺隊だって知ってるから
及川徹
及川徹
えっ、俺達だけじゃないの?
なんか、悔しい
岩泉一
岩泉一
そこで競っても意味ねぇだろ!!
てか、早く行け!
( ∩'-' )=͟͟͞͞⊃ )´д`)ドゥクシ
及川徹
及川徹
岩ちゃん痛い!!
及川徹
及川徹
行ってくるよ
我妻善逸
我妻善逸
じゃあ、練習試合そろそろ始まるから行こうよ
竈門炭治郎
竈門炭治郎
おう!!
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
うん!
岩泉一
岩泉一
(桜山が同期を信頼するのもわかるな…)
--------キリトリ線--------
成敗までいかなかった…
今回は、善逸をかっこよくしてみたけどどうでした?
口調がすごいあやふや…



ごめんなさい、もしかしたらプリ小説、親に消されるかもしれないです
消されたら、本当にごめんなさい
なんとか、消されないように頑張ります!