無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

弐拾弐話(最初の1日)
不死川玄弥
不死川玄弥
じゃーな
「(なまえ)」
「あなた」
うん、嫌だけど頑張ってくるよ
国見英
国見英
あっ、おはよう
金田一勇太郎
金田一勇太郎
うっす
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、おはようございます
金田一勇太郎
金田一勇太郎
じゃあ、一緒に行くか
「(なまえ)」
「あなた」
はい
国見英
国見英
朝から鰤村に会うのやだな
「(なまえ)」
「あなた」
そんなこと言ってはダメですよ
金田一勇太郎
金田一勇太郎
まぁ、正直俺も朝からは嫌だな
「(なまえ)」
「あなた」
あれでも、一応女の子なんですから
国見英
国見英
一応って‪w
金田一勇太郎
金田一勇太郎
そっちの方が酷いだろ
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、そうですか?
国見英
国見英
天然っていうことなんとなくわかった気がする
金田一勇太郎
金田一勇太郎
俺も
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、私天然じゃないと思いますよ
金田一勇太郎
金田一勇太郎
自覚なしか
「(なまえ)」
「あなた」
どうゆうことですか?
国見英
国見英
まぁ、行こう三┏( ^o^)┛
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、どこが天然なんですか?
待ってくださいよ
金田一勇太郎
金田一勇太郎
あいつ、あんなに速かったか?
体育館
「(なまえ)」
「あなた」
まだ、先輩方来てないですね
金田一勇太郎
金田一勇太郎
じゃあ、準備するか
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、私は先にドリンク作ってきますね
国見英
国見英
わかった
「(なまえ)」
「あなた」
ふぅ、またなんかしてくるのかな?
シャカシャカシャカシャカシャカシャカ
「(なまえ)」
「あなた」
よし、できた
鰤村鰤美
鰤村鰤美
あっ、もう来てたんだぁ
鰤村鰤美
鰤村鰤美
それ貸しなさいよ
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、重いですよ
鰤村鰤美
鰤村鰤美
うっさいわね
貸せって言ってんの
「(なまえ)」
「あなた」
それにまだ先輩方来てないですし
鰤村鰤美
鰤村鰤美
あっ、そうなのそれ早く言ってよね
鰤村鰤美
鰤村鰤美
せっかく、持ったのに意味なかったじゃない
鰤村鰤美
鰤村鰤美
じゃあ、やっとけよ
「(なまえ)」
「あなた」
なんだったんだ?
「(なまえ)」
「あなた」
早く持って行ってネット手伝わなきゃ
「(なまえ)」
「あなた」
ごめんなさい、ネット貼るの手伝います
国見英
国見英
えっ、もう終わったの?
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、はい
さっき、鰤村さんが来たと思ったらどっか行っちゃいました
金田一勇太郎
金田一勇太郎
えぇ、朝から絡まれるのはどんまいです
国見英
国見英
なんで、あいつがマネになれたんだろ
金田一勇太郎
金田一勇太郎
そこら辺の及川さん目当ての人の方がよっぽどましな気がする
「(なまえ)」
「あなた」
確かにそうですね
こっちが及川さんと別に仲良くしなければ、あんまり被害なさそうですもんね
金田一勇太郎
金田一勇太郎
たしかに
及川徹
及川徹
おっはよぉ〜☆
3人
(。_。*)
及川徹
及川徹
えっ、ついに金田一まで
岩泉一
岩泉一
おはよう
3人
おはようございます
及川徹
及川徹
金田一〜お前いつから及川さんに冷たくなったの?
岩泉一
岩泉一
いや、クソ川のせいだろ
朝練終了
「(なまえ)」
「あなた」
なんか、今日珍しく、朝あんまりなんも言ってきませんでしたね
国見英
国見英
そういえば、今日いなかったな
金田一勇太郎
金田一勇太郎
そうだなぁ、なんか企んでるんじゃね
「(なまえ)」
「あなた」
有り得なくはないですね
放課後
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、ドリンク作ってきますね
及川徹
及川徹
あなたちゃん、よろしくね
「(なまえ)」
「あなた」
はい
水道
「(なまえ)」
「あなた」
(あっ、しのぶお姉さんに教えて貰った方法してみよう)
シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ
「(なまえ)」
「あなた」
よし、出来ました
鰤村鰤美
鰤村鰤美
やっと、出来なの?
おせぇんだよ
ガッ
「(なまえ)」
「あなた」
重いですよ
鰤村鰤美
鰤村鰤美
うっさいわ
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、タオル持ってこう
体育館
鰤村鰤美
鰤村鰤美
みなぁさぁーん
ドリンクでぇーす
及川徹
及川徹
あぁ、ありがとね
「(なまえ)」
「あなた」
皆さん、あと、タオルです
岩泉一
岩泉一
ありがとな
「(なまえ)」
「あなた」
いえ
鰤村鰤美
鰤村鰤美
あなたちゃーん、いつの間にタオル持ってきたの?
さっきまでいなかったよねぇ
私にドリンク作っとけって怒鳴ったのに
鰤村鰤美
鰤村鰤美
もぉー大変だったんだからね
「(なまえ)」
「あなた」
何言ってるんですか?
「(なまえ)」
「あなた」
私がドリンクつくりましたよ?
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、皆さんこないだしのぶお姉さんがおじゃましてしまったのでってことで新しくドリンクの作り方教えてもらったんですけどどうですか?
いつものより爽やかな感じになるらしいんですけど
岩泉一
岩泉一
 あぁ、確かにさわやな後味でおいしい
国見英
国見英
これ、昨日家に行った時にでたレモン水みたいな感じの後味だね
「(なまえ)」
「あなた」
はい、それにドリンクの粉を入れたので
花巻貴大
花巻貴大
確かにあのレモン水美味しかった
松川一静
松川一静
あれ、どうやって作ってるの?
「(なまえ)」
「あなた」
簡単ですよ
「(なまえ)」
「あなた」
明日、紙に書いて持ってきますね
及川徹
及川徹
えっ、まじでいいの?
及川徹
及川徹
俺、あの後あの味忘れられなくて飲みたかったんだよね
矢巾秀
矢巾秀
えぇ、俺も行きたかったです
花巻貴大
花巻貴大
めっちゃ、ご飯豪華で美味しかったよね
渡親治
渡親治
ご飯まで、ご馳走になったんですか?
岩泉一
岩泉一
あぁ
渡親治
渡親治
おれも行けば良かった
及川徹
及川徹
ねぇ、あなたちゃんまた行ってもいい?
「(なまえ)」
「あなた」
聞いときますね
鰤村鰤美
鰤村鰤美
あのぉ
及川徹
及川徹
で、なんだったけ?鰤美ちゃん
鰤村鰤美
鰤村鰤美
あのぉそれ私がぁ作ったんですぅ
岩泉一
岩泉一
えっ、違うだろ?
国見英
国見英
だって、いつもの濃さで桜山さんの家のレモン水の味がするし
及川徹
及川徹
でも、このレモン水美味しいよね
(あっ、こいつ空気読めないやつだった)
「(なまえ)」
「あなた」
レモン水では無いですけどね
及川徹
及川徹
じゃあ、練習始めようか
(えぇ、こいつあの空気からよくそれが言えたな)
「(なまえ)」
「あなた」
(なんか、嫌な予感がする)
練習終了
及川徹
及川徹
じゃあ、片付けー
「(なまえ)」
「あなた」
(はっ、鬼の気配)
「(なまえ)」
「あなた」
あの、すみません監督鬼がどうやら外にいるみたいなので少し早め帰らせてもらいます
監督
わかった、気をつけてください
一応、及川にも言っといてください
「(なまえ)」
「あなた」
はい
「(なまえ)」
「あなた」
あの、及川さんすみません少し早め早退させてもらいます
及川徹
及川徹
いーよー
監督には、言った?
「(なまえ)」
「あなた」
はい、本当にすみません
及川徹
及川徹
あなたちゃんは、いっつもやってくれてるしたまには全然いいよ
「(なまえ)」
「あなた」
ありがとうございます
では、失礼します
岩泉一
岩泉一
あいつ、大丈夫かな?(ボソッ
(鬼が出たのか?)
国見英
国見英
うん?
国見英
国見英
何か言いました?
岩泉一
岩泉一
いや、なんでもない
国見英
国見英
(岩泉さん何か知ってるなこれ)
「(なまえ)」
「あなた」
なんでよりにもよってあと、もうすぐで終わるって時に来るのよ
グワーッ
「(なまえ)」
「あなた」
桜の呼吸 弐の型 枝垂れ桜
上から下に斬る技
ごとっ
「(なまえ)」
「あなた」
今度は、鬼になりませんように
体育館
国見英
国見英
岩泉さん
岩泉一
岩泉一
どうした、国見?
国見英
国見英
何か、桜山さんのことについて隠してますよね?