無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

拾肆話(岩泉side)
桜山あなたは、鬼殺隊だった
会った時からあまりにも大人びていて、不思議な感じをまとっていた






あいつは、言った
自分がいじめられることと人の命が無くなることに比べたらなんてことないって確かに命が無くなることと比べたらいじめの方がマシかもしれないけどいじめられるのをわかってて俺たちを護ると言ってる
普通に考えたらやらない
しかも、護らないといけない俺たちからいじめられるということもあるのに…
なんで、そんなに護ろうとしてくれるんだ?
俺よりもすごい沢山のものを抱えているだろう
でも、少しは、自分のことも大切にしてほしい
俺があいつを守らないとだな