無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

番外編(まさか…知り合いだったなんて2)
翌日
及川遥
及川遥
ほら、徹!
早く行くわよ
及川徹
及川徹
姉ちゃん、猛は大丈夫なの?
及川遥
及川遥
大丈夫よ
この後、預けてもらう場所に自分で行くもの
ねっ?猛
及川猛
及川猛
おう!
久しぶりに行くから楽しみ!!
徹!ぼっちになるなよ!!
及川徹
及川徹
この及川さんがぼっちになるわけありませんー
及川猛
及川猛
本当に高校生かよ
及川徹
及川徹
うるさい
そうゆう、猛こそ迷子になるなよ
及川猛
及川猛
ならねぇよ
だって、結構近いし、近くまで迎えに来てくれるって言ってくれたもん
及川徹
及川徹
そうですか!
せいぜい、迷惑かけないようにね
及川猛
及川猛
徹もな!
及川遥
及川遥
いいから行くわよ
カナエちゃん達に迷惑かけるでしょ
及川徹
及川徹
そうだね、及川さんが女の子を待たせるなんてありえないからね
及川遥
及川遥
それ、キャラなの?素なの?
及川徹
及川徹
えっ、なんで今聞くの?
及川遥
及川遥
いや、自分の弟だって思ったらキモイなって
及川徹
及川徹
酷い!!
及川遥
及川遥
まぁ、いいや
早く行くよ
及川徹
及川徹
もう!
--------キリトリ線--------
ショッピングモールに到着
及川遥
及川遥
カナエちゃん達もう、ついてるって
及川徹
及川徹
姉ちゃんが遅いから
及川遥
及川遥
あんたが遅いからでしょ!
及川徹
及川徹
えっ、何それ人のせいなの?
及川遥
及川遥
うるさいわ
及川遥
及川遥
あっ、みんなぁ〜
及川徹
及川徹
ちょっと!!
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あっ、遥ちゃーん
ヾ( 'ω')ノ
及川遥
及川遥
久しぶりね、カナエちゃん!!
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
久しぶりね
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
お久しぶりです
遥さん
及川遥
及川遥
しのぶちゃんも久しぶり〜
カナヲちゃんも〜
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
遥さん、お久しぶりです…
「(なまえ)」
「あなた」
こんにちは、遥さん、及川さん
及川遥
及川遥
キャー(≧∇≦)
あなたちゃんとカナヲちゃん、双子コーデなの〜
めっちゃ可愛いわぁ
ねっ、徹
及川徹
及川徹
えっ、あっ、うん
及川遥
及川遥
ちょっと、徹!!
反応薄いんだけど
及川徹
及川徹
いや、ちょっと可愛いなぁって思ってたらその…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
徹くんも来たのね
そうよね
やっぱり、2人は可愛いもの
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
姉さん、さっきあなたが及川さんも来るって言ってたでしょ
ちゃんと聞いといてよ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
たしかにそうだだったわね
でも、仕方ないわ
双子みたいな可愛い妹達と大人っぽいしのぶがいたらそんないてもいられないわ
「(なまえ)」
「あなた」
カナエお姉さん、それはそれで及川さんが可哀想だよ
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
少し可哀想…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
ごめんなさいね
徹くん
及川遥
及川遥
大丈夫よ
だって、昨日いきなり言ったんだもの
及川徹
及川徹
いや、俺は、全然気にしてないので
(てか、カナエさんに徹くんって呼ばてる!!
思ったけど、俺今ハーレム状態じゃない?
でも、それはいつもの事か☆)
及川遥
及川遥
じゃあ、皆行きましょう
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
そうね
じゃあ、最初は、あなたとカナヲの服を選びに行きましょう
及川遥
及川遥
それいいわね
私も2人の服選びたいわ
しのぶちゃんのコーデも考えたいわ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
姉さんいつも通りのコースだよ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
別にいいじゃない
だって、遥ちゃんも選びたいって言ってるんだし、それにしのぶもあなたとカナヲの服選びたいでしょ?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それは、まぁ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
じゃあ、٩(.^∀^.)งLet's goよ
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
あなた、カナエ姉さん今日テンション高いね
「(なまえ)」
「あなた」
そうだね
でも、そういうカナヲもテンション高いよ?
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
それだったら、あなただって
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
仕方ありませんよ、だって、久しぶりに集まれたんですから
「(なまえ)」
「あなた」
そうですね
じゃあ、カナヲ!!
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
なに?
「(なまえ)」
「あなた」
しのぶお姉さんとカナエお姉さんと遥さんの服を私達も選ぼう!
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
うん!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それは、嬉しいですね
あっ、及川くん
ごめんなさい、いっつも遊びに来たら最初に服を買いに行くんです
もし、面白くなかったら言ってくださいね
及川徹
及川徹
全然、大丈夫ですよ
しかも、こんなに可愛い人が集まってたらナンパされるかもしれませんから、一緒にいますよ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それは、頼もしいですね^^*
「(なまえ)」
「あなた」
及川さん、その心配はないですよ
及川徹
及川徹
えっ、なんで?
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
もしされたら、カナエ姉さんがやばい…
及川徹
及川徹
えっ、カナエさんがやばいの?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
たしかにそうですね
姉さんが1番きれますね
私もキレてるんですけど、妹に手をだしかけたら殺す勢いですからね
まぁ、分からなくもないですけどね
私も妹なんかに手を出されたら毒で少しずつ苦しめてあげたくなりますから
「(なまえ)」
「あなた」
私もお姉さん達が手出されたら腕を捻り潰して護るからね
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
わっ、私も精神面をズタボロにして、あなたと姉さん達を護る!!
及川徹
及川徹
(えっ、この姉妹、怖っ…)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
嬉しいですね
でも、たまには頼って下さいよ
2人とも成長したのは、嬉しいですがあまり構ってくれなくなったんですから
「(なまえ)」
「あなた」
そんなことないです
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
私もいっつも甘えてばっかりだから…
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
妹なんだからいいですよ
「(なまえ)」
「あなた」
しのぶお姉さん!!
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
しのぶ姉さん!!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
及川徹
及川徹
(やばい…俺、空気だ…
猛の言う通りぼっちになるかも…)