無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

伍話(不死川兄弟)
「(なまえ)」
「あなた」
玄弥は、実弥さんと一緒に暮らしてるんだよね
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
うん、そうだよー
「(なまえ)」
「あなた」
今世では、仲良く出来て良かったよね
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
そうだね
「(なまえ)」
「あなた」
私って、兄弟とか姉妹いなかったからなんか羨ましいなぁ
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
あなたは、私からしたら双子の姉みたいな感じだよ
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
それにしのぶ姉さんの事をあなたは、しのぶお姉さんって呼ぶし私からしたら本当の姉妹みたいな存在だよ
「(なまえ)」
「あなた」
(´;ω;`)カナヲ〜
「(なまえ)」
「あなた」
ギュー(つ・ω・(-ω-*)
「(なまえ)」
「あなた」
大好き〜
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
ありがとう(*^^*)
???
なに、人の家の前で抱き合ってんだぁー
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、実弥さん…
不死川実弥
不死川実弥
なんで、俺が話しかけたら2人で黙って固まるんだよぉ
「(なまえ)」
「あなた」
いや、恥ずかしところ見られたなぁって
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
それで玄弥じゃなくて風柱様だったので
2人
それがちょっと嫌だったなぁって
不死川実弥
不死川実弥
なんで、俺が見たら嫌がるんだよぉ
「(なまえ)」
「あなた」
特に理由はないので、気にしないでください
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
それより、玄弥いますか?
不死川実弥
不死川実弥
(こいつら、思いっきり俺の質問無視したぞ)
玄弥か、多分、部屋で明日の準備してる思うぞ
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、玄弥に会いに行ってきますね
2人
さよならー💨
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂
2人
玄弥〜
「(なまえ)」
「あなた」
いるのー?
不死川玄弥
不死川玄弥
いるぞー
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
失礼します
「(なまえ)」
「あなた」
やっほ〜
不死川玄弥
不死川玄弥
今日は、2人揃ってどうしたんだ?
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
私たちは、準備終わったから様子を見に来たの
不死川玄弥
不死川玄弥
俺も今終わったとこだぁ
「(なまえ)」
「あなた」
うーん、みんな終わっちゃってるなぁ
不死川玄弥
不死川玄弥
あっ、そういえば
不死川玄弥
不死川玄弥
あなたの高校って、俺の行く高校のちかくだったよなぁ?
「(なまえ)」
「あなた」
そうそう、だから明日一緒に行こう
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
あなた、行こうって言っても私たちは藤の家に任務の間は住むことになるから同じとこに向かってるから嫌でも一緒だよ
「(なまえ)」
「あなた」
えっ!そうなの?
2人
(*꒪꒫꒪)(  ._.)(*꒪꒫꒪)(  ._.)
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、玄弥頑張ろう٩( *˙0˙*)۶
不死川玄弥
不死川玄弥
おぉ