無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

拾壱話(1日目終了)
藤の花の家に到着
藤の花の家の人
藤の花の家の人
おかえりなさいませ桜柱様
「(なまえ)」
「あなた」
ただいまです〜
不死川玄弥
不死川玄弥
おう、おかえりー
「(なまえ)」
「あなた」
玄弥〜
「(なまえ)」
「あなた」
疲れたよー
不死川玄弥
不死川玄弥
おつかれー
「(なまえ)」
「あなた」
バレー部の人と帰ってたらさ鬼が襲ってくるしさぁ
不死川玄弥
不死川玄弥
それでどうしたんだ?
「(なまえ)」
「あなた」
来た瞬間すごいスピードで着替えて鬼倒して隠さんに任して急いで着替えて演技して終了
不死川玄弥
不死川玄弥
なんか、凄い大変みたいだなぁ
「(なまえ)」
「あなた」
そっちは、どうだったの?
不死川玄弥
不死川玄弥
3年にバレた
「(なまえ)」
「あなた」
はぁぁぁぁぁ!!!!!
不死川玄弥
不死川玄弥
いや、そんなにでかい声出さなくても
「(なまえ)」
「あなた」
大丈夫なの?
不死川玄弥
不死川玄弥
御館様には、許可取ったから大丈夫だと思うよ
「(なまえ)」
「あなた」
ならいいや
「(なまえ)」
「あなた」
今日は、任務あるの?
不死川玄弥
不死川玄弥
御館様が気を使ってくださって、他の隊士がしてくれてるみたいだな
「(なまえ)」
「あなた」
カナヲと電話しよーっと
「(なまえ)」
「あなた」
良かった、つかれすぎてやばいわ
不死川玄弥
不死川玄弥
俺も炭治郎に電話しよー
プルプル
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
もしもし?
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、もしもしカナヲーーーーーーーー
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
.*・゚(*º∀º*).゚・*.あなたーー
「(なまえ)」
「あなた」
疲れたよー
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
私もー
でも、あなたの声聞いて元気出た〜
それから色々話しましたとさ
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
明日また話そうね
「(なまえ)」
「あなた」
また、明日ね
ピッ
不死川玄弥
不死川玄弥
カナヲと電話は終わったかー?
「(なまえ)」
「あなた」
今、終わったとこ
不死川玄弥
不死川玄弥
長かったなぁー
「(なまえ)」
「あなた」
だって、カナヲは私の癒しだもん
「(なまえ)」
「あなた」
仕方ない
不死川玄弥
不死川玄弥
はいはい(いつものが始まった)
「(なまえ)」
「あなた」
本当にカナヲは可愛いんだよ
「(なまえ)」
「あなた」
カナヲは、しのぶお姉さんとカナエお姉さんといるとすこし甘えてるんだよね
「(なまえ)」
「あなた」
本当にかわいいよ
不死川玄弥
不死川玄弥
わ、わかった
カナヲの話は、そこまでにしてご飯食べて早く寝よう
「(なまえ)」
「あなた」
えーカナヲの話もっとしたいー
不死川玄弥
不死川玄弥
休みの時聞くから
(良かったーこのままだとカナヲの話をずっとさせられることだった)
「(なまえ)」
「あなた」
わかったよー
ご飯も食べて、お風呂にも入りました
「(なまえ)」
「あなた」
玄弥〜
「(なまえ)」
「あなた」
眠い〜
不死川玄弥
不死川玄弥
眠いならはやく寝な
「(なまえ)」
「あなた」
動くのがだるい〜
「(なまえ)」
「あなた」
ギュー(つ・ω・(-ω-*)
不死川玄弥
不死川玄弥
はぁー
(眠くなるといっつもこうなるよな
まぁ、鬼殺隊の前だけなんだろうけど)
不死川玄弥
不死川玄弥
部屋まで引っ張って行くか
不死川玄弥
不死川玄弥
部屋まで行くぞ
手を引っ張られてます
「(なまえ)」
「あなた」
(`ω´* )o―< o―д-)oズリズリ
不死川玄弥
不死川玄弥
部屋着いたぞー
「(なまえ)」
「あなた」
おやすみ〜
不死川玄弥
不死川玄弥
おやすみー
不死川玄弥
不死川玄弥
(あなたがいつか鬼殺隊以外の人に敬語を使わずに話すことができる人ができるかな?)
不死川玄弥
不死川玄弥
さて、俺も寝るか〜