無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

捌話(国見side)
なんか、今日は転校生が来るらしい
まぁ、どうでもいいけど
そんなことより眠いなぁ
ガラガラ
入ってきたときは、とってもミステリアス的な雰囲気漂わせてるなって思った
そして、桜山あなたって人は、俺の横の席についたそして、休み時間はよくある転校生に質問しまくるやつがたくさんいた
例えば、彼氏いるの?とか好きな物は?とかそんな他愛もないよなことを聞かれていた
桜山は、何故かずっと敬語を使っている
何人かに敬語じゃなくていいよって言われても癖なのでと笑って返していた
それに昼休みも何人かの女子に誘われて弁当を食べてたが相手とどこか一線を引いているようだった
あっ、そういえば岩泉さんがやっぱりマネ欲しいなぁって朝言ってたなぁ



まぁ、全部及川さんのせいなんだけどな
クラスの男子が話していたが「あんなに可愛かったら、周りの仲良い男の人とか皆イケメンなんじゃねぇ‪」と言っていた
もしかしたら、及川さんのことをなんとも思わない人なのかもしれないなぁ
もしそうなら、マネやってくんないかな
まぁ、今日誘って及川さんに会わせて見てその反応確かめてみようと
放課後誘ってみたら、もともと何処かのマネをやるつもりだったらしい
なら、バレー部やってくんないかな