無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

弐話(かまぼこ隊)
鬼殺隊の本部は京都にあります
「(なまえ)」
「あなた」
(あ〜ぁ、宮城に行かないとなぁ
鬼殺隊の皆に会いづらくなるなぁ)
( ´・ω・`)
???
あなたーー
おーーーい
???
あなたちゃーーーーん
???
あなた子、勝負しろーー
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、炭治郎に善逸に伊之助だ
「(なまえ)」
「あなた」
なんか、久しぶりだね〜
伊之助、子いらないよ
竈門炭治郎
竈門炭治郎
久しぶりと言ってもこないだ蝶屋敷であったばかりだろう
「(なまえ)」
「あなた」
あれ?そうだっけ?
我妻善逸
我妻善逸
あなたちゃーーん
俺、1人だよ〜
弱いのに〜
「(なまえ)」
「あなた」
大丈夫だよ
善逸は、強いし
それに稲荷崎って、本部に近いじゃん
我妻善逸
我妻善逸
本部に近いけど、同期の皆と全然会えないじゃん
俺1人だよー
竈門炭治郎
竈門炭治郎
善逸、そんなに騒いだらあなたに迷惑だろう
「(なまえ)」
「あなた」
炭治郎、いつもの事だから
嘴平伊之助
嘴平伊之助
この弱味噌が何泣いてんだ?
我妻善逸
我妻善逸
伊之助、お前はいいよなぁ
炭治郎と禰豆子ちゃんと一緒でしかも違う学校だけどカナヲちゃんいるし
禰豆子はまた鬼にされてしまいました
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、カナヲもなの?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そうだぞ
確か、音駒?ってところだったぞ
嘴平伊之助
嘴平伊之助
猫なのか?
我妻善逸
我妻善逸
違うよ
音駒っていう名前の学校だよ
「(なまえ)」
「あなた」
どこにあるの?
その音駒高校って
竈門炭治郎
竈門炭治郎
東京だ
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、炭治郎と伊之助が任務しに行く高校も東京?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そうだぞ
「(なまえ)」
「あなた」
カナヲと会えないじゃん
( ´・ω・`)
我妻善逸
我妻善逸
多分、たまには会えると思うよ
俺たちが護衛しに行く高校は、全部バレー部が強豪らしいよ
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、玄弥が行くとこも?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
玄弥のとこは、そうでもないみたいだぞ
でも、数年前に1回全国に言ってるみたいだぞ
「(なまえ)」
「あなた」
そうなんだ〜
玄弥は、何処なの?
嘴平伊之助
嘴平伊之助
確か、玄助があなた太の近くって言ってたぞ
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、ほんと!!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あぁ、確か烏野高校って言ってたぞ
「(なまえ)」
「あなた」
良かったぁー
玄弥が近くで孤独死するとこだった
我妻善逸
我妻善逸
えっ、あなたちゃーーーーん死んじゃダメだよー
「(なまえ)」
「あなた」
いや、ジョーダンですけど
我妻善逸
我妻善逸
よがっだーーー。゚(・´Д`・)゚。
嘴平伊之助
嘴平伊之助
なんで、泣いてんだ?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
伊之助、ほっといていいぞー
我妻善逸
我妻善逸
炭治郎酷いよー
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、引っ越しの準備しますか
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そうだな
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、一旦バイバイヾ(・ω・`)
3人
あぁ/おう/またね