無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

参拾漆話(当日3)
???
あなた、落ち着きなさい!!
「(なまえ)」
「あなた」
はっ!!
カ、カナエお姉さん…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなた、貴方は、今何に怒っているの?
そこの彼女のしたことには、怒りがあるのは本当だけど
貴方が今本当に怒っている、理由は?
及川徹
及川徹
えっ、怒っている理由が鰤村の事じゃないの?
「(なまえ)」
「あなた」
わ、私が本当に怒っている理由は…
「(なまえ)」
「あなた」
上弦の弐を倒せなかったこと…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなたは、そんなことでは怒らないはずよ
金田一勇太郎
金田一勇太郎
えっ、違うならなんで怒ってるんだ
「(なまえ)」
「あなた」
じ、自分に腹を立てています
国見英
国見英
(えっ、自分に?)
「(なまえ)」
「あなた」
この異変に気付くことが出来なかった
もし、気付いてたら、ここにいるバレー部の人達を襲われるのを防げたかもしれない
それに、上弦の弐の言葉に調子を狂わされてしまったこと
1つの任務でこなせない未熟な私に仇を打つほどの強さがない自分に腹を立てました
及川徹
及川徹
でも、あなたちゃんは、俺たちを命懸けで護ってくれたじゃん
「(なまえ)」
「あなた」
でも、実際は国見くんは、鬼に喰われてもおかしくなかったです
国見英
国見英
でも、俺を助けてくれた
「(なまえ)」
「あなた」
あと、何秒か遅かったら食べられていた
それじゃあ、ダメなんです!!!!!
「(なまえ)」
「あなた」
そんなんだと…
また、また…失う…
もう、何も…何も…失いたくないんです!!!!!
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなた、貴方は前世の何倍も強くなった…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
でもね、それはあなただけじゃないのよ
私もしのぶもカナヲも鬼殺隊の全員…
前世の何倍も強くなったの
それは、なんでかわかる?
「(なまえ)」
「あなた」
誰も失いたくないから…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
そう、それもあるけど誰も失わずに鬼を倒して鬼殺隊の皆で笑顔で長生きしたいっていう気持ちが今世ではあるの
「(なまえ)」
「あなた」
でも、それじゃあ…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
鬼を倒す覚悟が足りないって言いたいんでしょ?
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
もちろん、皆、人を護るためなら命を失ってもいいっていう覚悟はあるの
でもね、やっぱり皆も生きたいのよ
だって、また会えたんですもの
お互いに命をかけて戦った仲間に
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
だから、皆、あなたにも生きて欲しいの
私もしのぶもカナヲもあなたに生きて欲しい
貴方を置いて行ってしまった私が言えることではないけど生きて欲しいのよ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなた、おいで
ギュー(つ・ω・(-ω-*)
「(なまえ)」
「あなた」
カナエお姉さん…私…私…
「(なまえ)」
「あなた」
私、ずっと怖かった…
また、カナエお姉さんとしのぶお姉さんを失うのが怖かった…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
大丈夫よ
私もしのぶもちゃんと生きてる
あなたの傍にいるから安心して
「(なまえ)」
「あなた」
ごめんなさい…
上弦の弐、倒せなかった…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
上弦の弐は、私達4人が倒しましょう
それで、また、鬼のいない平和な時が来た時皆で楽しく生きましょう
「(なまえ)」
「あなた」
私、もっと強くなりたいです
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
じゃあ、今度皆で稽古たくさんして、誰も失わないように何倍も強くなりましょう
あなたは、1人じゃないんだから
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなたは、もっと誰かに頼って
じゃないと私じゃなくて今度は、貴方を失うかもしれなくて怖いの
だから、無理しないでね
「(なまえ)」
「あなた」
うん、カナエお姉さんありがとう
大好きだよ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
私もあなたの笑った顔が大好きよ
だから、笑って
「(なまえ)」
「あなた」
うん
及川徹
及川徹
岩ちゃん、( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )
俺、なんかすごい感動した
岩泉一
岩泉一
お前が泣いてんじゃねえ(;ᴗ;)
金田一勇太郎
金田一勇太郎
岩泉さんも泣いてますよ( 。ŏ ﹏ ŏ)ウル
国見英
国見英
お前もだよ、金田一( ´ •̥  ̫ •̥ ` )
及川徹
及川徹
てか、皆泣いてんじゃん
松川一静
松川一静
あれで泣かない方がおかしいでしょ
花巻貴大
花巻貴大
俺、謝らないとな。゚( ゚இωஇ゚)゚。
矢巾秀
矢巾秀
おれもです( 。ŏ ﹏ ŏ)ウル
渡親治
渡親治
俺もです( ᵒ̴̶̷̥́௰ᵒ̴̶̷̣̥̀     )
京谷賢太郎
京谷賢太郎
よかった…
岩泉一
岩泉一
及川、俺たちはこっちを終わらせないとな
及川徹
及川徹
そうだね(圧)
鰤村鰤美
鰤村鰤美
ひっ…
金田一勇太郎
金田一勇太郎
岩泉さん、これ生徒会長にもらった証拠です
岩泉一
岩泉一
おう
国見英
国見英
君、この動画見ても私はやってないって言えるの?
鰤村鰤美
鰤村鰤美
そ、それは、フェイク動画よ
花巻貴大
花巻貴大
この状況でよくそんなこと言えるね
鰤村鰤美
鰤村鰤美
はっ、あんた達が騙される方が悪いんでしょ
松川一静
松川一静
今、自分で認めた
矢巾秀
矢巾秀
認めた…
渡親治
渡親治
がっつり、認めましたね
鰤村鰤美
鰤村鰤美
あっ…
校長
校長
君には、退学してもらうよ
校長先生!!
鰤村鰤美
鰤村鰤美
こんな学校、こっちから願い下げよ
ふんっ
どっか走って行きました
国見英
国見英
最後、普通に本性出してましたね
及川徹
及川徹
そこで結構バレバレだけどね
不死川玄弥
不死川玄弥
皆さん、無事でよかったです
金田一勇太郎
金田一勇太郎
あっ、玄弥くんも
岩泉一
岩泉一
このことだったのか?
こないだの言ってたのって
不死川玄弥
不死川玄弥
はい、まさか、本当に起きるとは思ってなかったですけど
及川徹
及川徹
えっ、どういうこと?
不死川玄弥
不死川玄弥
いやな、予感がしてたんです
岩泉一
岩泉一
それで、玄弥くんが桜山が暴走するかもしれないって俺に言ってくれたんだ
花巻貴大
花巻貴大
だから、岩泉は、あの時止めようとしたんだな
不死川玄弥
不死川玄弥
花柱様を呼んでおいて正解でした
矢巾秀
矢巾秀
あの美人が花柱さん?
不死川玄弥
不死川玄弥
はい、しのぶさんの実のお姉さんです
及川徹
及川徹
あんなに美人なのもわかる
国見英
国見英
でも、なんで花柱さんなの?
不死川玄弥
不死川玄弥
皆さんは、信じてくれるか分からないですけど俺たち鬼殺隊は、前世の記憶があるんです
岩泉一
岩泉一
前世?
不死川玄弥
不死川玄弥
はい、俺たちは前世から鬼狩りをしていました
それで、前世で花柱様は、戦死してしまってそれからしのぶさんもあなたも少し変わったんです
国見英
国見英
じゃあ、たまに寂しい顔をするのは?
不死川玄弥
不死川玄弥
自分がいつ死ぬか、分からないのとまた、失ってしまうかもしれないからです
花巻貴大
花巻貴大
俺たちよりも、すごいのを抱え込んでたのに俺たちは…
「(なまえ)」
「あなた」
ふふっ、そんなの気にしなくていいですよ
及川徹
及川徹
うわっ、あなたちゃん
もう、大丈夫なの?
「(なまえ)」
「あなた」
はい、お恥ずかしいところ見せてしまって申しわけありません
花巻貴大
花巻貴大
あなたちゃん、ごめん
松川一静
松川一静
おれもごめん
矢巾秀
矢巾秀
ごめんなさい
渡親治
渡親治
ごめん
「(なまえ)」
「あなた」
いや、私の方こそなんかごめんなさい
分かってたことでは、あったのに皆さんの仲を悪化させるようなことをして
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
ふふっ、あなたを虐めた彼女にあったら、毒で苦しませましょうかね
「(なまえ)」
「あなた」
ちょっ、カナエお姉さん、しのぶお姉さんと同じこと言わないでください
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
えぇ、だってこんなかわいい妹を虐められたら誰でもなるわよ
「(なまえ)」
「あなた」
もう、カナエお姉さんったら
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなたは、可愛いわね
玄弥くん、私を連れてきてくれてありがとうね
不死川玄弥
不死川玄弥
いえ、あなたが怒るのを止めてくれるのはしのぶさんか、花柱様しかいないので
「(なまえ)」
「あなた」
玄弥、ありがとうね
不死川玄弥
不死川玄弥
まぁ、カナヲもそんな予感してるから花柱様に言った方が言いって言われたから
「(なまえ)」
「あなた」
カナヲが?
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
本当にカナヲは、あなたが大好きなのね
もう、うちの妹可愛すぎるわ
「(なまえ)」
「あなた」
カ、カナエお姉さん
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
どうしたの?
「(なまえ)」
「あなた」
その…今日、一緒に寝てもいい?
(๑• •๑)💦
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
もちろんよ、あなた〜
もう、かわいいわ
(やばい、桜山/桜山さん/あなたちゃんが甘々だ)
及川徹
及川徹
甘々なあなたちゃん、かわいい〜
「(なまえ)」
「あなた」
うるさいです、及川さん
松川一静
松川一静
あっ、いつも通りになった
不死川玄弥
不死川玄弥
あなたは花柱様の前だけ甘々なんですよ
及川徹
及川徹
えぇ〜、俺の前でもなってくれないかな?
「(なまえ)」
「あなた」
嫌です(即答)
国見英
国見英
即答…‪w
花巻貴大
花巻貴大
及川、お前振られたな
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
ふふっ、あなたは私の前だけ甘々になってね
こんなかわいいあなたを誰にも見せたくないわ
「(なまえ)」
「あなた」
カナエお姉さん、だってすごい綺麗だからね
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
ありがとうあなた
(。-ω-ヾ(>᎑<`๑)
「(なまえ)」
「あなた」
ふふっ
監督
桜山さん、助けて下さりありがとうございます
「(なまえ)」
「あなた」
そんな、私の方こそ体育館を破壊する前に止められなくて
監督
命だけでも助けて頂いたのに、そんなお気遣いいりませんよ
不死川玄弥
不死川玄弥
あっ、それならお館様がキメツ学園のを使えばいいって
監督
えっ、でも、京都にあるじゃあ…
不死川玄弥
不死川玄弥
鬼殺隊は、全国にいるからキメツ学園の分校みたいなのが全国にあるんです
それで、体育館があるのでそこを使えばいいですよ
あっ、バスも出すって仰ってました
監督
そんな、申し訳ないです
それにお金がかかるのでは?
不死川玄弥
不死川玄弥
まぁ、そこはあなたさんが何とかしてくれるので
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、自腹なの?
「(なまえ)」
「あなた」
払えないことは、ないけど
急過ぎない?
不死川玄弥
不死川玄弥
冗談だよ
えっ、払えるの?
不死川玄弥
不死川玄弥
まぁ、柱ですからね
あと、体育館は2日ぐらいで治るみたいです
早っ
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、隠さんの給料あげないと
不死川玄弥
不死川玄弥
そこは、自腹な
桜柱様、花柱様は、今日は帰ってゆっくりしてください
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、悪いですよ
不死川玄弥
不死川玄弥
俺もいるし、他の隊士もいるから大丈夫だ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなた、今日は甘えちゃいましょ
「(なまえ)」
「あなた」
わかりました、お言葉に甘えて帰ります
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
じゃあ、皆さん失礼しますね
「(なまえ)」
「あなた」
失礼します
(綺麗な姉妹だな)
不死川玄弥
不死川玄弥
じゃあ、皆さんは俺が送りますんで
お願いします