無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

肆拾壱話(柱稽古)
に、20?
「(なまえ)」
「あなた」
はい!
金田一勇太郎
金田一勇太郎
えっと…体育館を?
「(なまえ)」
「あなた」
いえ、校庭から裏山の山頂まで往復20です
及川徹
及川徹
えっ…
花巻貴大
花巻貴大
そんなの1日かかるんじゃあ?
「(なまえ)」
「あなた」
多分、1番の下の階級だったら5,6時間ほどで終わると思いますよ
松川一静
松川一静
えっ、そんなことできるの?
「(なまえ)」
「あなた」
はい、宇隨さんの稽古は、大体あんな感じですね
国見英
国見英
宇隨さんのってことは、桜山さんの稽古は?
「(なまえ)」
「あなた」
その後にしますよ
渡親治
渡親治
えっ、体力的に無理なんじゃあ
「(なまえ)」
「あなた」
そうですか?
後藤さん
後藤さん
鬼殺隊は、これが普通ですよ
「(なまえ)」
「あなた」
でも、今日は少ない方ですよ?
えぇ…
及川徹
及川徹
及川さんでも、できないよ…
矢巾秀
矢巾秀
やばい…
あっ、そんなことよりずっとあなたちゃんに聞きたかったんだけど
「(なまえ)」
「あなた」
はい、なんですか?
矢巾秀
矢巾秀
なんで、鬼殺隊というのを隠してたんだ?
「(なまえ)」
「あなた」
あ〜、それはですね
監督
それは、俺から説明しよう
監督
まず、鬼というのがいるっていうのを信じてないやつがいること、つまり、興味で桜山さんに着いて行ったら鬼狩りの邪魔になること
あと、鬼に関わって不安にならないようにすることだ
つまり、鬼殺隊というのを隠してたのも全部お前らを護るためだったんだ
及川徹
及川徹
だから、岩ちゃんと国見ちゃんは、あの時後悔するって言ったんだ
岩泉一
岩泉一
おう
花巻貴大
花巻貴大
あなたちゃん、本当にごめんなさい
矢巾秀
矢巾秀
ほんとにごめんなさい
松川一静
松川一静
すまなかった
渡親治
渡親治
信用しなくて、ごめんなさい
「(なまえ)」
「あなた」
いえいえ、わかってて引き受けましたから
及川徹
及川徹
えっ、虐められるってことが?
「(なまえ)」
「あなた」
はい、可能性がですけどね
岩泉一
岩泉一
本当、理由聞いた時は、驚いたわ
国見英
国見英
俺も凄い人だなって思いました
監督
俺も驚いた
お前ら、桜山さんはなんて言ったと思う?
及川徹
及川徹
えっと…やり返す?
岩泉一
岩泉一
まぁ、実際やり返してたけど
違うな
金田一勇太郎
金田一勇太郎
耐えれるとか?
国見英
国見英
耐えるも何もなかったけど
「(なまえ)」
「あなた」
はい、別になんとも思いませんでした
松川一静
松川一静
じゃあ、なんて言ったんですか?
監督
私が虐められることと人の命が亡くなることを考えればなんてことないって言ったんだ
しかも、俺が虐めの対策しようと言ったら断るしな
岩泉一
岩泉一
最後は、折れたけどな
「(なまえ)」
「あなた」
あっ、ははは…
及川徹
及川徹
あなたちゃん、もっと俺たちを頼ってね
「(なまえ)」
「あなた」
えっ、あっ、はい?
松川一静
松川一静
そうだな
矢巾秀
矢巾秀
頼ってくれ
監督
お前ら、いきなりだな
でも、もし何かあれば俺たちを頼ってください
「(なまえ)」
「あなた」
そんな、私は護る側なので
後藤さん
後藤さん
たまには、いいんじゃねえか?
「(なまえ)」
「あなた」
後藤さん…
寺内きよ
寺内きよ
そうですよ
あなた様は、なんでも1人でやろうとする部分があります
中原すみ
中原すみ
だから、柱の皆さんも心配してます
高田なほ
高田なほ
炭治郎さんやカナヲさんも心配してます
「(なまえ)」
「あなた」
待って、皆?
寺内きよ
寺内きよ
はい!
「(なまえ)」
「あなた」
やばい…
怒られない?
後藤さん
後藤さん
多分、いつかは、怒られるな
上弦の弐に1人で立ち向かったことに関しては
「(なまえ)」
「あなた」
終わった…(._."Ⅱ)
寺内きよ
寺内きよ
それだけ、皆さん大切なんですよ
「(なまえ)」
「あなた」
嬉しいけどもそんなに怒らなくて良くない?
高田なほ
高田なほ
いえ、あなた様は怒らないとすぐに忘れるので
「(なまえ)」
「あなた」
いや、忘れないよ
岩泉一
岩泉一
そういう事だ
抱え込むなよ
桜山
「(なまえ)」
「あなた」
わかりました…
後藤さん
後藤さん
蟲柱様に今度話しておこうかな?
「(なまえ)」
「あなた」
そっ、それだけは…
後藤さん
後藤さん
じゃあ、ちゃんと頼れ
「(なまえ)」
「あなた」
わかりましたよ
監督
じゃあ、お前ら今日はこの体育館を使い放題だから練習再開するぞ
「(なまえ)」
「あなた」
別に明日も使っても構いませんよ
監督
えっ、それはさすがにご迷惑かと
「(なまえ)」
「あなた」
いえ、この体育館はたまにしか使わないので
それに今日泊まって行っても構いませんよ?
監督
えっ、いいんですか?
「(なまえ)」
「あなた」
はい、ここのキメツ学園は私が管理してるので
及川徹
及川徹
えっ、じゃあ、監督泊まりましょう
岩泉一
岩泉一
いや、泊まる用意とか持ってきてないから無理だろ
寺内きよ
寺内きよ
そこは、安心してください
鬼殺隊の皆さんが使う分が沢山ありますので
後藤さん
後藤さん
それにお金とかはこいつが出すと思うんで
安心してください
「(なまえ)」
「あなた」
こいつって、酷くないですか?
花巻貴大
花巻貴大
あなたちゃんが出すの?
「(なまえ)」
「あなた」
多分、そうなりますね
監督
も、申し訳ないです
「(なまえ)」
「あなた」
そんなに大金でもないので大丈夫ですよ
渡親治
渡親治
いや、大分大金ですよ
村田さん
村田さん
柱だからお金があるんですよ
「(なまえ)」
「あなた」
あれ?村田さん終わったの?
村田さん
村田さん
あぁ、1番に終わって、音柱様に呼んでこいって言われたから
「(なまえ)」
「あなた」
あぁ、そういうこと
じゃあ、手合わせする?
村田さん
村田さん
あぁ、まだ他の人は終わらないと思うから
「(なまえ)」
「あなた」
やっぱり、あの中で1番階級が高いだけあるね
村田さん
村田さん
まぁな
あっ、そうだ
バレー部の人達に見せてやったら水柱がバレーしてる試合のビデオ
「(なまえ)」
「あなた」
それいいね
でも、あるの?
村田さん
村田さん
資料室に行ったらあると思う
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、探して夜渡しますね
監督
あっ、ありがとうございます
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、皆さん頑張ってください
じゃあ、村田さん行きましょう
村田さん
村田さん
1分は、耐えてみせる
「(なまえ)」
「あなた」
秒で終わらしましょう
村田さん
村田さん
怖いんだよ
「(なまえ)」
「あなた」
ふふっ
及川徹
及川徹
鬼殺隊って、凄いね…
岩泉一
岩泉一
あぁ、じゃあ、俺たちも練習するぞ
うっす
(岩泉と及川以外)
及川徹
及川徹
待って、俺が主将だからね
--------キリトリ線--------
及川徹
及川徹
練習終了ー
松川一静
松川一静
久しぶりにこんなに動いたかも
花巻貴大
花巻貴大
学校の体育館は、ここに比べたら狭いからな
寺内きよ
寺内きよ
皆さん、お疲れ様です
高田なほ
高田なほ
ご飯の準備出来ました
中原すみ
中原すみ
食堂に案内します
京谷賢太郎
京谷賢太郎
腹減った
及川徹
及川徹
お腹すいたぁ
寺内きよ
寺内きよ
こっちでーす
食堂に向かうため外の廊下を歩いてます
金田一勇太郎
金田一勇太郎
えっ、なんか人が倒れてませんか?
矢巾秀
矢巾秀
いや、もっとたくさんの人が倒れてる!
花巻貴大
花巻貴大
大丈夫なのか!?
「(なまえ)」
「あなた」
皆!!
あと、もうちょっとなんだから早く木刀持って打ち込んで
鬼殺隊の皆
鬼殺隊の皆
はっ、はい…
「(なまえ)」
「あなた」
腰が低いよ〜
もっと、腰下ろして、構える
高田なほ
高田なほ
さすが、あなた様ですね
及川徹
及川徹
き、厳しくない?
松川一静
松川一静
及川も稽古一緒にしてきたら?‪w
及川徹
及川徹
何言ってんのまっつん!!
岩泉一
岩泉一
俺も桜山みたいにしたらクソ川が真面目になりそうだな
及川徹
及川徹
いや、岩ちゃん辞めて?
「(なまえ)」
「あなた」
じゃあ、打ち込み台壊した人からご飯食べていいよー
花巻貴大
花巻貴大
壊すってあの木のぶっといやつを?
中原すみ
中原すみ
はい、あれは他の柱の方がやり始めた稽古でそれを今してるんですよ
宇髄天元
宇髄天元
おっ、お前ら練習終わったのか?
及川徹
及川徹
はい、今、終わってご飯を食べさせて貰います
(及川/及川さんが真面目に話してる!?)
宇髄天元
宇髄天元
お前らも、あなたの稽古してみるか?
花巻貴大
花巻貴大
いや、遠慮しておきます
宇髄天元
宇髄天元
遠慮は、しなくてもいいぞ
あれでも、今日は楽な方だぞ
柱の中だったら、あなたのは優しい方だしな
やったら、やった分だけあなたは、褒めるしな
国見英
国見英
えっ、あれよりもキツい稽古があるんだ…
寺内きよ
寺内きよ
音柱様は、ご飯どうされますか?
宇髄天元
宇髄天元
俺は、この後あなたと合同任務だから帰りにどっかで食べてくるから大丈夫だ
金田一勇太郎
金田一勇太郎
えっ、これからですか?
宇髄天元
宇髄天元
おう
「(なまえ)」
「あなた」
はーい、そろそろ打ち込み台も壊れてもいい頃だよー
宇髄天元
宇髄天元
あなた〜
圧かけすぎるなよー
「(なまえ)」
「あなた」
別にこんなの掛けてるうち入りませんってー
宇髄天元
宇髄天元
まじかー
ふっ、本当にあいつ炭治郎達に出会って変わったな(ボソッ)
岩泉一
岩泉一
及川徹
及川徹
--------キリトリ線--------
次回もしかしたらあなたちゃんの過去の話がわかるかもです
多分…だけど