無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

グク
グク
テヒョナ〜来たよー




テヒョン君の家に帰った私達









テヒョン
テヒョン
あ、おかえりー
ユナ
ユナ
………………







…………緊張…







てか、あれ?






ユナ
ユナ
なんで私の事ユナって分かったんですか?




疑問に思い、グク君に聞いてみる。






グク
グク
テヒョンから写真送られてきたんだよ?知らない?
ユナ
ユナ
え!知りません








撮られた記憶なんてないけど…








テヒョン
テヒョン
寝てる時に俺とツーショット☆







……だと思った…






グク
グク
ユナちゃん可愛いからすぐ分かったよ?
ユナ
ユナ
いや、そんな、可愛いだなんて
テヒョン
テヒョン
ユナちゃんに手出すなよーグク
グク
グク
出してないよー!思った事言っただけだよ




仲良いんだね、二人とも









ユナ
ユナ
あ、果物、買ってきました






缶詰の入った袋を渡す。









テヒョン
テヒョン
ありがとー
グク
グク
僕何すればいいー?
テヒョン
テヒョン
何もしなくていいよ
グク
グク
え笑






ほんと、2人はイケメンだな……ある意味私、運がいいのかも








グク
グク
じゃーユナちゃんと遊ぶ
ユナ
ユナ
え?







手を握られた













グク
グク
テヒョンの事好き?
ユナ
ユナ
な………







いきなり恋バナ?











グク
グク
テヒョン、優しいよ
ユナ
ユナ
それは……知ってます…
テヒョン
テヒョン
あんまユナちゃんからかわないでね?
グク
グク
分かってるー





……そうだよ、からかわれてるから…









グク
グク
あっちの部屋いこ!テヒョン邪魔しないでー






隣の部屋に入る












グク
グク
あは、テヒョンのベッド〜
……







電気付けたいな…






何処かにスイッチ…………







グク
グク
ね、……
ユナ
ユナ
……ん?








部屋は暗いまま














グク
グク
僕、ユナちゃん好きだな……









顔が近づく











ユナ
ユナ
……え……?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

むぎ
むぎ
携帯が壊れたので此処は低浮上となります 新しい垢は一番下の小説のお知らせに載せときました フォロー、お気に入り、よろしくお願いします🙇‍♀️ Call my name. Hyperventilation. 今世紀最大のらぶ来ました ちむたんとは来世も一緒です💑
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る