無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

昨日の夜
必死に思い出す。



昨日の夜の事を。












__________________
ユア
ユア
ユナー!!
ユナ
ユナ
んー??





放課後だった。




ユア
ユア
私のお姉ちゃんが、今日合コンなんだけど…




たしか、ユアのお姉さんは、23歳。






ユア
ユア
人数足りないから、一緒に来て欲しいの…!!
ユナ
ユナ
……でも、私達まだ高2だよ……?








ただでさえ私もユアも童顔なんだから。








子供は無理だよ……?






ユア
ユア
大丈夫!私達、「童顔の20歳」って設定だから!
ユナ
ユナ
あ…そうなの?






って、私もう行く設定だよね?それ







ユア
ユア
夜9時までなんだけど…ユナ大丈夫??
ユナ
ユナ
お母さんに言っとくから、大丈夫






こんなのしょっちゅうだから、もう慣れっ子。









また普通に終わるんだろうなって、思ってた。








その時は。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

むぎ
むぎ
携帯が壊れたので此処は低浮上となります 新しい垢は一番下の小説のお知らせに載せときました フォロー、お気に入り、よろしくお願いします🙇‍♀️ Call my name. Hyperventilation. 今世紀最大のらぶ来ました ちむたんとは来世も一緒です💑
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る