無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

首輪
テヒョン
テヒョン
ねぇ?
グク
グク
あれ、テヒョン
ユナ
ユナ
……ん…っ





ドア、空いてる…………







テヒョン
テヒョン
指、抜いて
グク
グク
はーい




ヌプッ










ユナ
ユナ
……っ
テヒョン
テヒョン
グク、今日は、帰って
グク
グク
なんで?
テヒョン
テヒョン
帰って、お願い






グク君は、唖然としていた。








何故なら






テヒョン君が












グク
グク
……帰るね、
テヒョン
テヒョン
はい、バイバイ















笑っていたから。




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

むぎ
むぎ
携帯が壊れたので此処は低浮上となります 新しい垢は一番下の小説のお知らせに載せときました フォロー、お気に入り、よろしくお願いします🙇‍♀️ Call my name. Hyperventilation. 今世紀最大のらぶ来ました ちむたんとは来世も一緒です💑
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る