無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

41
2020/08/14

第14話

🥀
〜 流川先生 side 〜





それからは母さんは1週間経っても、2週間経っても病室にはこなかった、、








俺は孤独で、母さん任せにした星宮先生も何も言わずにずっとこない母さんも誰もかも信用できなくなった。









こんな身寄りのないやつを1人でほったらかしにするなんて親としてありえない。









何故、俺はこんなにも避けられたのか、、?









毎日毎日そう思う日が続いて早くも1ヶ月が経とうとしていた。









母さんからは何も聞かされてないし、星宮先生は何も教えてくれない。









だから、今の俺の状態すら何も知らない。









あれ、なんで俺









____________ここにいるんだ?