無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

267
2021/12/04

第77話

桜の木
あれから半年後
だんだんみんなが落ち着いた頃
平野廉
平野廉
はぁ、あれから半年か
平野勇太
平野勇太
まだなんかいまさっきまでいたみたいな感じが抜けないな
平野優太
平野優太
なんかやっぱ寂しいな
平野玄樹
平野玄樹
みんながそんな顔してたらあなたが困っちゃうよ
平野海人
平野海人
そうだよ
平野紫耀
平野紫耀
だな
その時に涼しい爽やかな風邪が、みんなのところに来た
平野優太
平野優太
いつも近くにいるみたいだね
平野廉
平野廉
ねぇ病院の桜見にいかへんか?
みんな
みんな
うん
そして病院の桜のところに行けば
思い出がたくさんよみがえる。そんな感じがみんな好きだった
平野玄樹
平野玄樹
綺麗だね
みんな
みんな
うん
その時桜が笑ってるように見えていた
平野優太
平野優太
この病院にある桜おっきいよね
みんな
みんな
うん
平野勇太
平野勇太
確か、退院した人を笑顔でおれるようにとか、亡くなった人と会うひとつの場所って聞いたことある
平野玄樹
平野玄樹
そうなんだ
平野廉
平野廉
知らへんかったな
平野紫耀
平野紫耀
確かに
平野海人
平野海人
初めて聞いた
平野優太
平野優太
そん思い込められてるんだね
平野玄樹
平野玄樹
確かにみんな笑顔だね
みんな
みんな
うん
平野紫耀
平野紫耀
この桜の木にも支えられてるな
みんな
みんな
うん