無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
先「起立!礼!」



『おはよございます!』



先「えー、昨日も言いましたけど、今回縁があり、このクラスになったと思うので、みんなが仲のいいクラスにしましょう!」





私は、昨日中学生になった。



担任は、野村先生っていう先生。

まだ、経験が浅めらしい、笑

まだ、2日目だけど、元気な先生なことは分かる。あっ、あとサッカーが好きなんだって。




先「とりあえず、出席とります!ー」




先「ーあなた!」





「はい。」





先「今日も全員出席ですね!えーと、今日は、学級委員を決めちゃいたいと思います!」




、、学級委員、、笑




これ、誰も手、挙げないやつじゃない?笑




先「えーと、学級委員長やってもいいよーって人!!」





『、、、』



、やっぱり(苦笑)




先「だれか〜(苦笑)」



先「決まんないと帰れないぞ〜」




しょうがない、




「私、やります。」




先「え!マジ!」




「はい、」




先「おー!良かった〜!助かった!ありがとう!あなたな!」




あんま、大変そうじゃないし




先「じゃあ、副委員長2人やってくれる人!」




先「これは、4人いるのな笑」




先「じゃあ、とりあえず2人!よろしくね!もう2人は二学期お願いします🙏🏻」





?「ねね!!」




「ん??」



?「名前なんだっけ??」



「うち??」



?「うん!!」



「あなただよ!」


?「おけ!ごめんね!今日の朝も聞いたよね!全然覚えられない笑」



テンション高いな〜



この子、えーと、れんちゃん?だっけ



れん「私、れんだよ!副委員長もしてもよろしく!!」



「うん!よろしくね!」



?「うちは、ひより!うちも副委員長としてよろしく!」



「おけ!ひよりちゃんね!よろしく!」



ひより「うん!!」




すごい話しかけてくれるな〜、




二人ともすごいテンション高いけど、副委員長だし、このまま仲良く出来たらいいな〜






















なんて、思った私が馬鹿だった。