無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
3人がディズニーに行った次の日、







「すず〜、おはよぉ、」




すず「ねね」




「ん??」




すず「なんか今日の朝登校してきてから、ずっとこんなことしか言ってない。」



「え、?」




れん「まじさ〜、アイツって爪楊枝じゃね??○○さんだけに??笑笑」


B「まじそれなー!!」


れん「うわっ!幽霊きた!幽霊!」



B「うわっ!ほんとだ〜!」


ひより「あの子もきたよ!!えーとね、キャサリン!」


れん「キャサリンってなんだよキャサリンって!www」



ひより「だって、いっつも手、机についてんじゃん!笑」




うわ、、




「やばっ」




すず「でしょ」








「嫌いな人にあだ名つけてるってことか、」




すず「そう」




「で、Aは?」





すず「あそこ」




「1人、、」





Aは、ディズニーで何かあったんだな





「はぁ、」



すず「やばいね」



「うん、」